整形せずに鼻を小さくする方法をためそう「鼻ダイエット作戦」

整形せずに鼻を小さくする方法をためそう「鼻ダイエット作戦」

コンプレックスの鼻を小さくする方法はないものかといろいろ模索しました。 整形はこわいし、シンクロ選手のようにノーズクリップをずっとつけ続けるわけにはいかないし、テレビで紹介していた鼻プチはさっそく購入してみたけれど・・・ お悩み別の鼻ダイエット方法をリサーチしてみました。

コンプレックスにあげる人も多いのパーツが「鼻」。

だってさ、顔のど真ん中にあるんだよ! 鼻さえよければ○割増しの美人なのになあと、鏡をみてため息・・・。

悩みは低いことだけではなく、団子鼻など小鼻の形から、穴の大きさや見える角度、鼻の頭のテカリから毛穴まで、悩みは幅広いものです。

でも整形する勇気はなく、どうにかして鼻を小さくする方法はないものでしょうか・・・。

鼻は一生成長するって本当?

鼻のコンプレックス

鼻は軟骨で出来ていて「一生成長するので形が変わる」とも、軟骨なのは生後一年くらいの間なので「大人になると圧を加えても矯正できない」とも言われます。

両意見があるので、整形に頼らず自分で形を劇的に変えるのは難しいけれど、少しも効果がないとも言い切れないようです。

シンクロ選手のように長年ノーズクリップを装着するのは普通の人には難しいので、日常生活に組み込める方法を調べてみました。

鼻ヤセのためにできるいろいろ

まず、顔のむくみをとるだけでも鼻がシュッとします。ダイエットでよく見るビフォアーアフターで、別人のように目鼻立ちがくっきりしているというアレで、要はカラダ全体痩せるという方法です。

でもそれはなかなか大変なのでコツコツやりたいという人は、体操やマッサージで鼻を鍛えるのがよさそうです。朝晩のお顔のお手入れと同時におこなって習慣化することが必要です。

体操は、鼻をすするような状態でキープして緩めるを繰り返すだけ。鼻を意識して動かしたり止めたりは最初少し難しいです。

小鼻マッサージは、左右が逆回りになるように小鼻をくるくると持ち上げながら回す方法です。

ほかにも鼻を高くするツボ押しという方法もあるようです。印堂という眉間の真ん中にあるツボを押して鼻を高くするそうです。体操やマッサージ、ツボ押しでスッキリとした鼻筋の通ったイメージを持ちながら続けましょう。

やりがち 鼻の穴を大きくしてしまうNG

鼻の穴を大きくしてしまうNG行動

花粉症のシーズンに鼻の穴にティッシュを詰めていませんか?頻繁にティッシュをつめているとしたら鼻の穴が心配です・・・。

ちょっとしたことですが、鼻炎の母がよくティッシュを詰めていたんですが、「鼻の穴が大きくなったー」って騒いでいたのを思い出しました。

鼻うがいで鼻が小さくできる人もいる

蓄膿や鼻炎などで副鼻腔がつまって団子鼻になっている人は「鼻うがい」によって小さくなる人もいるそうですので、医師に相談のもとでためして見る価値はあるかもしれません。

また、最近は口を閉じて鼻呼吸することが出来ない人が増えていて、口呼吸の人の場合は知らず知らずのうちに顔がたるみ、鼻を大きくしている可能性があります。

しっかり鼻呼吸を心がけましょう。

写真に残るここぞという時は

写真に写るときの鼻の対処法

鼻を高くするというのはなかなか難しいので、メイクに頼って鼻筋を通したり、鼻の穴に小さな矯正器具を入れる「鼻プチ」に頼るという手があります。鼻プチはテレビでもよく紹介されているので、ひそかなブームになりつつあります。

とくに、短い時間ならば負担も少ないので、写真に残るときに使うのがおすすめです。ウェディングや就活用の証明写真、同窓会などキレイになりたい! というその瞬間に使ってみましょう。

思春期の頃、私は本当に洗濯バサミで鼻をつまんで寝たことがあります。丸い鼻の頭が嫌いで嫌いでつぶしていたんだと思います。

いま思えば可愛いものですが、顔の印象を決めるのが鼻。大人になった今なら整形もありかなと思えるような年齢になってきました。

努力を継続するか整形するか・・・いずれにせよスッキリとした鼻を手に入れたいですね!

PR