なんだか前よりも小さくなった?バストが小さくなる原因とは?

なんだか前よりも小さくなった?バストが小さくなる原因とは?

バストが小さくなる原因は、女性ホルモンの減少によって乳腺の働きが衰えてしまうため、胸が小さくなってしまうことがあります。不規則な生活やダイエットによる栄養不足、睡眠不足やストレスなどがあると、自律神経の働きも悪くなり、ホルモンの分泌量も低下してしまいます。

バストが小さくなる原因とは?

女性ホルモンの減少

女性ホルモンの減少

バストが小さくなる原因として、考えられるのは女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンの分泌量が低下してしまうと、乳腺の働きが衰えてしまうため、胸が小さくなってしまうこともあります。

女性ホルモンが減ってしまう原因とは

女性ホルモンが減ってしまう原因とは

ストレスや睡眠不足、過剰なダイエットなどです。ストレスを感じると、自律神経の働きも悪くなり、女性ホルモンのバランスが悪くなってしまったり、ホルモンの分泌量も低下してしまいます。

また不規則な生活や、十分な睡眠が取れていないと、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまいます。

さらにダイエットにより、身体が栄養不足状態になってしまうと、ホルモンの分泌量も低下してしまうのです。

前かがみ状態は大胸筋を縮ませる元に!

前かがみ状態は大胸筋を縮ませる元に!

姿勢が悪く前かがみ状態で長時間居続けると、大胸筋が縮んでしまいます。大胸筋が小さい場合は、胸が育つことが出来ないため、バストのサイズダウンの原因になります。

また猫背気味の方は、常に両肩が身体の内側に入った状態になっているため、さらに大胸筋を縮ませる元になってしまいます。

栄養不足だと胸の脂肪が落ちます

栄養不足だと胸の脂肪が落ちます

胸の9割は脂肪で出来ています。そのため、身体が栄養不足状態だと、胸の脂肪もエネルギー源として燃焼されていくため、バストがサイズダウンしてしまいます。

小さめのブラを付けているとサイズダウンに!

サイズに合わない小さめのブラをずっと続けていると、胸の血行も悪化していきます。

 

胸を大きくするにはどうしたらいいの?

すぐに姿勢を整えましょう

バストアップさせるには、まず姿勢を正すことが大切です。お腹をへこませ、背筋を伸ばすだけでも、背筋や腹筋、大胸筋などを鍛えることができます。

しっかり栄養を摂りましょう

しっかり栄養を摂りましょう

バストアップするには、まずしっかり栄養を摂らなければなりません。

栄養不足状態だと胸が小さくなってしまいますが、しっかり食べることによって胸に脂肪がつきますので、バストを大きくすることが出来ます。

大豆製品を食べましょう

大豆製品を食べましょう

胸を大きくしたいのなら大豆製品や豆腐、納豆、きなこなどを食べるとよいでしょう。

豆類には、大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンと似た働きをしてくれますので、乳腺が発達し、バストがサイズアップしやすくなります。

睡眠をしっかり取りましょう

睡眠中は、成長ホルモンが分泌される時でもあるため、睡眠時間が極端に短いと、成長ホルモンの分泌量に影響が出てきます。

またしっかりと睡眠を取り、成長ホルモンが分泌されていくと、ラクトゲン受容体が刺激を受け、さらに乳腺を発達させてくれます。

成長ホルモンを分泌させるには、夜10時から2時の間は就寝するようにしましょう。

正しいサイズのブラをつけましょう

胸のサイズに合ったブラをつけましょう。また就寝中はナイトブラをつけるようにしましょう。

ブラは古くなるとゴムや肩ひもが緩くなってしまったり、布地が伸びてしまったりするため、古くなったものは捨て、新しいものに変えましょう。

ブラを購入する時は毎回サイズをきちんと測り、自分の身体に合ったものを選ぶようにしましょう。

PR