若い女性に多い!!XO脚の原因と対処法とは??

若い女性に多い!!XO脚の原因と対処法とは??

足がまっすぐキレイな女性って思わず目を引いてしまいますよね。しかし、日本人女性は、X脚やO脚、XO脚になってしまい、なかなか美しい足の方を見かけないのが現状です。ここでは、XO脚の原因と対処法、治療法を紹介します。美脚を目指している女性の皆さん、必見ですよ!!

XO脚とは??

両膝が付いてスネが外に出ている状態

XO脚というのは、両膝がくっついていても太ももの内側とふくらはぎの内側がくっつくことがなく、外に出ている状態のことを言います。

ひざから下がO脚で、膝を接点にしてXのように見えるので、XO脚と言われています。

XO脚は、太ももとお尻の外側、さらには膝の外側が異常に発達してとっても太くなってしまうことです。

XO脚とは??

どんな人がなりやすい??

XO脚は、顔はとても小さく上半身は細いのに、太ももとお尻、ひざの外側だけが太い傾向があります。

このような方は、猫背で腰が反っている、ひざのお皿が内側を向いている、内股で歩いている女性がなりやすいです。この体型は、欧米の方にも多く見られます。

どんな人がなりやすい??

XO脚の原因は??

股関節がねじれている!!

股関節が過剰に内側にねじれているとXO脚になりやすいです。O脚やX脚の方でも、同じようなねじれがありますよ。

股関節とは、足の付け根にある骨盤と足をつなぐ重要な部分です。内側へのねじれがあると、足の骨の大転子と言われる部分が外側に出っ張ってしまうので、おしりや足の外側が大きく見えてしまいます。

股関節がねじれている!!

足の筋肉のバランスがおかしい!

普段から内股気味で立っている方は意外に多く、このような立ち方をしていると、足の外側の筋肉が過剰に使うため、足の外側に筋肉がついてしまいます。

すると、外見上も足の外側が太く見えてしまい、XO脚になりやすいです。内股気味に立っている方は、注意が必要ですよ。

足の筋肉のバランスがおかしい!

骨盤が歪んでいる!!

骨盤が前傾になっていると、骨盤上部が閉じてしまい、骨盤下部が開いてしまいます。

すると、股関節のねじれがひどくなり、内股傾向になってしまいます。腰椎も前へ曲がってしまうため、下腹部が出て、お尻がポッコリ出てしまいます。

これは、XO脚になる原因が次から次へと重なった状態になるので、XO脚になりやすいです。

カエル座りのような座り方をする方は、骨盤が歪んでしまうので、注意してくださいね。

骨盤が歪んでいる!!

XO脚を改善するには??

歩き方に気を付けよう!

XO脚を改善するには、普段の生活から気を付けることが大切です。

歩き方は、早歩きを心がけると、足の歪みに対して影響が少なくなります。また、つま先の向きは、正面からやや外側を向いているのがベストです。

歩き方に気を付けよう!

座る時は深く背中をまっすぐに!

イスに腰掛けるなど座る時は、背中がまっすぐになっていることを確認しましょう。背筋をまっすぐにして座ると、腹筋を使うので、下半身を鍛えるにはとても良いです。

そして座っている時は、両膝を付けて離れないように意識しましょう。ふくらはぎの離れが気になる方も同じように、すき間をなくすようにして足を付けましょう。

座る時は深く背中をまっすぐに!

ストレッチをしよう!!

XO脚を治すには、ストレッチは効果的です。股関節からお尻の可動域を広げるために、下半身の筋肉をほぐし、矯正を行います。

例えば、片膝立ちになり、足の幅が左右の骨盤の高さが同じになるように広げ、足の人差し指と膝が正面を向いた状態で手を床につき、曲げている足を10秒間伸ばすことも有効です。

その他のストレッチで有効なものは、開脚ストレッチも良いです。ストレッチは、毎日行うと効果がありますよ。

ストレッチをしよう!!

PR