顔の寝癖はどうして発生?顔の寝癖の対策はどうすればよいの?

顔の寝癖はどうして発生?顔の寝癖の対策はどうすればよいの?

起きて顔の寝癖がついてしまったら焦ります。ですが、顔の寝癖の対策を知っておくことでいざというときも慌てることはありません。顔の寝癖は廊下のサインともいわれていますので、しっかりと知っておき、対策も理解することでいざというとき慌てないようにします。

顔の寝癖ってどんなもの?

顔の寝癖ってどんなもの?

朝起きたときに顔にシーツの跡がついていることがあります。髪の寝癖はよく聞きますが、顔にだって寝て寝癖がつくことがあります。

ほっぺにくっきり髪の毛やシーツのシワの跡がついていると、朝とっても慌ててしまいますよね。顔の寝癖の対策を知っておくことで、いざという時に慌てなくてすみます。

一方で、顔の寝癖は単なる寝癖ではなく老化のサインとも言われています。しっかりと原因も追究し、起こらないようにしましょう。

顔の寝癖の原因になるむくみについて

顔に寝癖が付きやすい人とそうでない人には何の違いがあるのでしょうか?

若いときは顔に寝癖がつくことはなかったのに、最近つきやすくなった、という人もいます。

このような現象がなぜ生じるかというと、むくみがまず一つの要因として挙げられます。加齢とともに水分の代謝が低下することで、肌がむくみやすい状態になります。

顔がむくむとシーツなどの跡がつきやすくなります。ですので、顔の寝癖の対策としては、むくみを改善することが第一となります

どうして寝癖がついているのか

どうして寝癖がついているのか

顔の寝癖がついているのは、横向きやうつ伏せで寝ている時間が長いからです。横向きやうつ伏せで寝ることは、思わぬ肌トラブルを引き起こすことがありますので注意が必要です。

横向きで寝ると、どちらかの頬を下にして眠ることで重力が働きます。そうすると重力が傾き、顔のシワやたるみにつながり、ほうれい線を作ってしまいます。

顔にシワが発生したまま長時間寝てしまうと、シワがなかなかとれなくなくて、むくみにつながります。

横向きや下向きに寝ていることのトラブルについて

仰向けで寝ている時には顔に寝癖がつくということはありません。ですが横向きや下向きに寝ることは、シワやほうれい線だけでなく、体に大きな異常をきたします。

たとえば、横向きで長く寝ていることによって顔の片側に圧力がかかったり、布団やまくらにいるダニやほこり、摩擦などで肌荒れを起こすことがあるからです。

ですので、このような観点からも、顔の寝癖の対策をとることは大変重要です。

顔の寝癖にならないような対策について

顔の寝癖が起こらないためには、むくみを防ぐことが重要です。

糖分や塩分がむくみの発生原因となりますので控えるようにしましょう。そして、寝る前や起きた後は必ずトイレに行き、老廃物を尿として排出します。

そして、水分補給は水で行います。コーヒーなどは利尿作用があるからよいと思われがちですが、先に水分だけを尿にして排出しますのでふさわしくありません。

顔の寝癖が起こったらどうしたらいいの?

顔の寝癖が起こったらどうしたらいいの?

顔の寝癖が起こったら、まず蒸しタオルを当てます。顔を蒸しタオルで覆ってじんわりと温めることで血行が良くなり、肌にハリが出てきます。

蒸しタオルは電子レンジでタオルを1、2分チンするだけでできますので、簡単です。

そのあと、化粧水でたっぷり保湿します。水分をたっぷりと保湿させることで顔のしわを改善できます。

さらには、リンパマッサージなどでむくみ解消、そして血行を促進させるのも有効です。

顔の寝癖が起こったら、まずはたっぷり保湿したり温めたりして、シワを改善しましょう。保湿については、顔の寝癖の予防にもなります。

PR