小顔になりたい人必見!静脈マッサージの効果がすごいって本当?!

小顔になりたい人必見!静脈マッサージの効果がすごいって本当?!

皆さん小顔になりたいですよね。そこで思い出すのがリンパマッサージではないでしょうか? でもその代表的なリンパよりもっとすごいのが”静脈マッサージ”なんだそう。果たしてどうしてリンパより静脈なのでしょうか? その方法と静脈マッサージの効果を一緒にチェックしてみましょう!

小顔になるためにはやっぱりマッサージは欠かせないのはわかっているけど、その時間を割いてまでするのってなかなか難しかったりしませんか?

今回は日々のスキンケアの時間を使って手軽に取り入れることのできる”静脈マッサージ”をチェックしてみます。

小顔を目指すなら静脈マッサージの効果がすごいのはナゼ?

小顔になるためのマッサージといったら”リンパ”のマッサージを想像しますよね。私もそうでした。

確かにリンパマッサージも効果があるのですが、それ以上の効果を生むのが静脈マッサージなんだそうです!

小顔を目指すなら静脈マッサージの効果がすごいのはナゼ?

リンパより効率がいいのが静脈だった!

むくみの原因となるのが体内に溜まる余計な水分ですよね。その水分を回収していくわけなんですが、その回収率に差があったんです!

リンパ管に回収されるのは1割程度で、残りの9割が静脈で回収されているんだそうですよ。

それに加え、リンパ管より静脈の方が太いので、マッサージで余計な水分を回収するのにとても効率がいいというわけなのです。

リンパより効率がいいのが静脈だった!

確かに太いところの方がなんでも通りやすいですもんね。これはすぐにでも静脈マッサージして効果を実感したいですね!

さっそく静脈マッサージのやり方をチェック!

マッサージする前にポイントをチェック!

d9e7c878ed84bc67676996bb3676ce55_s耳

マッサージするときはお顔の中心から外へ向けて行い、静脈の流れに沿うことが基本になります。

ここでチェックしておきたいのが、その最終ポイントである場所!

太い静脈が流れる「耳珠」(耳の穴の前)、「耳垂」(耳たぶの下のつけ根)、「マンディブラーノッチ」(エラの角から輪郭に沿い1cmほど下のへこみ)をポイントとし、ここに向かってマッサージをするということです。

首筋のストレッチをプラス

首に太い静脈(耳の後ろから首のすじに沿って鎖骨へ)、ここが余計な水分や老廃物をすべて排出してくれるのだそうです。

ここに滞りがあるとその効果も減ってしまいます。なので首筋のストレッチをプラスしておくと、より一層マッサージ効果がアップします。

これは気づいたときに首を回したり、前後左右に首を曲げてみたりするだけでOKなので、ぜひとも空き時間に実行しておいてくださいね。

マッサージするときは乳液やクリームを付けた後で!

お肌への負担を軽減するために、必ずマッサージをする前に乳液やクリームを付けた状態でスタートしてください。これによりお肌への摩擦を軽減することができますよ。

マッサージスタート!

首の静脈の流れ

まずは首の静脈の流れをよくしておきます。

右のエラの手前を左の人差し指と薬指の指の腹を使い、鎖骨への流していきます。これを左右交互に5回ずつ行います。

額の血液、水分、老廃物を耳珠へ!

両手の人さし指~薬指を使います。

指をそろえて額の真ん中に指の腹を当て、フェイスラインに沿って耳珠へと押しながら流していきます。自分が気持ち良いと感じる程度の力で押し、5回ほどこれを行います。

次は少し始点を下げ、眉間の少し上に先ほどと同様に両手の指の腹を当てていきます。そして眉の上のラインに沿うようにして眉がしら→眉尻→こめかみ→耳珠へと押し流していきます。これも5回繰り返します。

目元のマッサージ!

目元のマッサージ!

目元のむくみを取っていきます。

親指の腹を使い、眉がしらの下の部分にある凹んだところに当てて、自分が気持ちの良いと思える力で押していきます。

少しずつ眉尻に向かって場所をうつし、耳珠へと流していきます。目の下は人差し指から薬指の3本で行います。

両手を眉がしらの下に当て、ゆっくりと押していき、耳珠へ移動させていきます。これを計5回繰り返します。

頬のマッサージ!

頬のマッサージ!

両手の人差し指から薬指を小鼻のわきに当てます。そして頬骨に沿いながら押し流すように耳垂へ。この時のルートは頬骨の下を通り、5回ほど繰り返して行います。

そして1センチほど下に下げ、同様にマッサージ、さらに1センチ下げてマッサージ。これをまんべんなく行うようにします。

流すルートを約1cm下に変え、耳垂へと5回流す。さらに1cm程度下にずらして5回。頬の下側の滞りをまんべんなく押し流す要領で、マッサージを。

そして両手の人さし指、中指を曲げ、顎の骨をはさみ、自分が気持ち良いと思う強さで耳垂へと滑られせます。この時グイッと力強く上げていくイメージで5回ほど繰り返します。

仕上げです!

顔の正面にある太い顔面静脈をマンディブラーノッチへと押し流します。

両手の人さし指から薬指を目頭に当て、頬骨の内側に沿うような感じで少しずつ外側へ移動させます。そしてマンディブラーノッチへと押し流してください。これを5回繰り返し、静脈マッサージは終了です!

どうでしたか? 最初はちょっと工程が多いような気がしますが、慣れてしまえば5分程度ですべてが完了します。

ぜひとも毎日のスキンケアの時に取り入れて、スッキリと小顔フェイスを手に入れてくださいね!

PR