手の老化改善には何をすればいいの?手の老化に気づいた時。

手の老化改善には何をすればいいの?手の老化に気づいた時。

何となく手にしわやシミがでる、手の老化現象は顔やほかの肌と同じかそれ以上に深刻なことです。顔はスキンケアに気を配る人も多いですが、手はそうでもありません。ですので、発見した場合は早めに手の老化改善をすることが必要です。

手の老化改善をするにはどうしたらよいの?

手の老化改善をするにはどうしたらよいの?

近年アンチエイジングブームなどにより、フェイシャルについてはシミしわを改善する取り組みが進んできています。

しかしながら手の老化についてはあまり気にする人がいません。

手は食事をしたり書類や名刺をやり取りするときに目につくものであり、手の血管が浮き出ていたりカサカサしていたりすると、実年齢以上に年を取って見られがちです。

ですので、自分の手の老化が気になったら改善するために毎日しっかりとケアをすることが必要です。

現代人は手を酷使しがち!?毎日行えるケアについて

現代人は手を酷使しがち!?

手は毎日使用するものです。特に女性は毎日食器洗いをしたりすることで、食器用洗剤に界面活性剤が含まれているため、知らない間に乾燥でごわごわした手になります。

乾燥すると肌の表面が傷んでしまい、うまく水分を閉じ込められなくなるだけでなく、ちょっとしたことで皮膚にダメージが起き、シワやシミになりやすいです。

そのため、食器洗いは手袋をして行う、化粧水などについても刺激の強いものは界面活性剤を含むのでなるべく自然にケアをする、しっかりと保湿をしてから就寝する、などといったことが必要です。

乾燥してしまってひびが入ってしまっている手。何とかならないの?

しかしながら、日々のケアをしてなかったために加齢が目立つ手になってしまっている人はもう手遅れなのでしょうか?

そんなことはありません。集中的なケアをするだけで、乾燥肌からすべすべの肌に変更することができます。

まずはしっかりと保湿クリームを塗りこむことです。ワセリンでもよいでしょう。

そしてポリ袋をかぶせて輪ゴムやテープで腕から抜けないようにして就寝します。あかぎれ状態だった肌が、一晩で少し改善するでしょう。

年中紫外線のケアをすることが手のシミを防ぎます。

現代人は手を酷使しがち!?

夏は手袋をしたりUVケアの日焼け止めを塗ったりして、手の日焼けに注意している人は数多くいると考えられます。

しかしながら冬は日焼け止めをつけない人が多いです。そのため、手にシミやしわができてしまいます。

さらに手はお手洗いなどに行くと洗ってしまい、日焼け止めを塗っていても落ちてしまう場合があります。ですので、ウォータープルーフのものを使ったりこまめに塗り直したりすると良いです。

なお、夏だけでなく年中ケアするようにすると良いです。

肌の再生能力を上げて、新陳代謝を活発化する

手の老化防止のためには紫外線に当たらないように、だけでは日焼けをしなければいいと思うかもしれません。

ですが、もともと肌は自分で紫外線などをバリアする性質を持っています。ですので、肌をしっかりと保湿し、新陳代謝を良くすることも併せて必要です。

皮膚のハリの元であるコラーゲンなどを使った美容液で、しっかりと保湿するようにすると良いです。

手の老化が気にならない若いうちからしっかりと毎日のケアをするだけで、結果が違ってきます。

血管が浮き出てくるのは血液の流れが原因?プリプリの肌をとりもどそう

血管が浮き出てくるのは血液の流れが原因?

年を取るにつれて、手の甲の血管が浮き出て目立ってしまうことがあります。浮き出た血管は、手を実年齢より高く見せてしまいます。

手の甲が浮き出てしまう原因は、皮下脂肪が少なかったり血行不良だったりといったことが挙げられます。

ですので、毎日ハンドクリームなどでしっかりと保湿することによって、皮脂が適切な量分泌されるようになります。寝るときに手を保湿するような手袋も市販されていますので、それを利用すると言う方法もあります。

血行を促進するためには、ハンドマッサージをしたり、タマネギなど血液をサラサラにする食材を摂取することが有効です。肉類や油は、血液をドロドロにしますので、摂りすぎないようにしましょう。

手のしわやシミは1日で改善はしない。気づいた時からケアしよう

想像以上に手の老化は人を老けさせて見えるものです。女性はもちろん男性にとっても大変重要です。

老化した手を改善するためには、毎日の食生活や生活習慣が大変重要です。ハンドケアは毎日行い、界面活性剤など刺激物にはなるべく触れないように工夫しましょう。

いつまでも若々しい手でいることで、気分も上がります。

PR