乾燥ニキビを改善するにはどのようにすればいいの?

乾燥ニキビを改善するにはどのようにすればいいの?

ニキビといえば皮脂の多い人がなるというイメージでしたが、乾燥肌の人がかかるニキビ、乾燥ニキビになる人が増えています。皮脂が乾燥しているためダメージを受けやすいからです。ですので、乾燥ニキビを改善するためにどのようなことが重要かを知っておくと良いです。

そもそも乾燥ニキビってどんな時になるの?乾燥ニキビを改善するには?

乾燥ニキビを改善するには?

乾燥ニキビは、乾燥した肌になるニキビのことを言います。

もともとニキビとは余分な皮脂で毛穴が詰まってしまうことによって起こります。そのため、ニキビが起こりやすいのは油脂が多い肌ではないかと思われがちです。

しかしながら、油脂の分泌の多い肌もそうなのですが、乾燥肌にも乾燥ニキビが発生することがあるので注意が必要です。

乾燥ニキビと普通のニキビでは、ケアの仕方も注意すべきところも違っている場合があります。

乾燥肌なのにニキビ。肌で何が起こっているの?

乾燥肌でカサカサしているのにニキビが起こってしまう、いったんニキビを引き起こすと繰り返すことも少なくありません。

それは肌を保護しているバリアのような役割を持っている皮脂膜が乾燥によって薄れたりして、少しのことで毛穴が詰まってしまうからです。

皮脂膜が薄いですので水分も蒸発しやすく、毛穴が硬くなってしまうのです。ですので、いったんできてしまうと頑固でなかなか治りませんから、注意が必要です。

乾燥ニキビの改善は、まず正しいスキンケアを行うことです。

乾燥肌は水分が蒸発してしまい、潤いがありませんので、まずはそこから改善すると良いです。

まず、洗顔料はしっかりと泡立ててふんわりとつけます。洗顔料を塗りこんだりつけすぎると、刺激によって余計肌の状態が悪くなりますので、ふんわりとつけてからすすぎはしっかりとしてください。

お湯や冷たすぎる水はまた刺激になりますので、30度程度のぬるま湯でしっかりと流します。

そのあとには化粧水でケアをするのですが、そこでさっぱりタイプのものは余計状態を悪化させるので選ばないでください。しっとりタイプの、天然に近い成分のものが良いです。

ニキビに効果のある美容成分で乾燥ニキビを改善する

ニキビに効果のある美容成分で乾燥ニキビを改善する

ニキビケアにはニキビに効果のある硫黄を配合した市販薬を塗るのが良いといわれています。ですが、乾燥肌から来る乾燥ニキビには硫黄が皮脂を取り去るため、余計に悪化してしまいます。

まずは美容成分であり、ニキビ跡を薄くして肌の新陳代謝を助けるビタミンCを取ることです。

ニキビ改善製品の多くは、乾燥ニキビではない普通のニキビを対象にしています。

そのため、皮脂の分泌を抑える強い成分が入っており、ただでさえ乾燥で傷つきやすい肌をもっと傷つける恐れがありますので、肌の潤いが戻ってくるようなビタミンCを配合した美容液やパックで、天然成分を使っているものが良いです。

お風呂からあがってしまうと、ひどく乾燥が進みます。ですので、早めにケアをするように工夫します。

食事をはじめとした生活習慣で、乾燥ニキビを改善しよう

食事をはじめとした生活習慣で、乾燥ニキビを改善しよう

乾燥肌のニキビには肌の潤いを内側からも与えることが必要です。

鶏レバーやうなぎ、モロヘイヤやにんじん、かぼちゃ、ほうれん草といったビタミンAを摂取することで肌のターンオーバーを促進し、肌の状態を良くしてくれます。

乾燥肌を改善するには、血液循環を良くすることも効果的です。鉄分を含む食品を摂取しましょう。漢方薬なども血液のめぐりを良くしてくれます。

毛穴のつまりを改善するには、ビタミンB2を含むレバーや納豆、卵やぶり、イワシなどを積極的に食生活に取り入れると良いです。

またニキビの原因には、不規則な生活やストレスでホルモンバランスが崩れてしまったり、免疫力が下がってしまうため、なりやすいことが挙げられます。そのため、1日6時間はしっかりと睡眠をとるようにすることが推奨されます。

そしてストレスの原因をできるだけ取り除き、ホルモンバランスを安定させましょう。

PR