タバコを吸っていると薄毛になるって本当?喫煙と薄毛の関係まとめ

タバコを吸っていると薄毛になるって本当?喫煙と薄毛の関係まとめ

タバコを吸っていると、薄毛になると聞いたことはありませんか? タバコと髪の毛には、どのような関係があるのでしょうか? 喫煙と薄毛の関係についてまとめました。薄毛にならないための予防についてもお話ししますので、参考にしてください。

喫煙による髪に与えるダメージ

タバコは身体にさまざまなダメージを与えます。それは、髪の健康においても同じです。

喫煙と薄毛の関係についてまとめました。薄毛対策になる予防法についてもご紹介しますので、喫煙をしている人はぜひご覧ください。

喫煙による髪に与えるダメージ

栄養が行き渡らなくなる

ニコチンは血管を収縮させます。血管が細くなると、血流も悪くなるため、身体に栄養が行き渡らなくなります。

ニコチンは、肝臓によって解毒されますが、非常に時間がかかり、肝臓に余計な負担をかけます。これにより、本来、肝臓から送るはずだった栄養も行き渡らなくなるため、頭皮にも悪影響を及ぼします。

男性ホルモンの増加

喫煙をすると、ジヒドロテストステロンというホルモンが増えます。これは、男性ホルモンの一種ですが、髪の成長を止めてしまう働きを持っています。

ビタミンが損なわれる

喫煙をすると、体内にあるビタミンCやB、Eが破壊されます。ビタミンが不足すると髪の成長を止めてしまいます。

皮脂の分泌が増える

ニコチンは身体を興奮させます。その状態が長く続くと、自律神経が正常に機能しなくなり、頭皮は皮脂を過剰に分泌します。そうすると、毛穴が詰って発毛の妨げになります。

睡眠不足になる

睡眠不足になる

ニコチンが身体を興奮させると自律神経が正常に機能しなくなり、不眠症の原因になります。

睡眠不足では、成長ホルモンが分泌されません。髪の毛も成長しないので、薄毛になりやすくなります。

薄毛を予防する方法

薄毛を予防するには、禁煙が絶対条件です。

そもそもタバコは、身体に良い影響をもたらしません。自力で禁煙できそうもない時には、医療機関を受診し、専門外来で医師の指導を受けると良いでしょう。

また、禁煙以外にも薄毛を予防する方法がありますので、試してみてください。

頭皮に効くシャンプーを使う

頭皮に効くシャンプーを使う

スカルプケアできるシャンプーは、薄毛の予防になります。毛母細胞を活性化したり血行を促進するようなシャンプーを選びましょう。

前者は、センブリエキスやニンニクエキスの入っているものがおすすめです。後者は、ミノキシジルやトウガラシエキスの入っているものがおすすめです。

ストレスを溜めない

ストレスも薄毛の原因になります。

ストレスが長期間にわたって続くと、自律神経が乱れて血管が収縮します。そうすると、身体はそれに対処しようとして、多くのエネルギーと栄養を消費します。

その結果、頭皮にまで栄養が行き渡らなくなるため、髪の毛が成長するのに必要な養分が足りず、薄毛になります。円形脱毛症は、その例ですよね。

普段からストレスを溜めない生活を心掛け、自分に合った発散方法も見つけておくと良いでしょう。運動をしたり笑ったり、歌ったりすることはストレス解消におすすめです。

血流をよくする

血流をよくすることによって、頭皮に必要な栄養が流れ、薄毛予防に役立ちます。

まずは、身体全体の血流を促すことを考えましょう。それには、十分な睡眠をとったり、適度な運動をしたりすることがおすすめです。

湯船にしっかり浸かることも効果があります。半身浴をしたり足湯をするだけでも身体は温まります。

余裕があれば、頭皮のマッサージも効果的です。指の腹を使い、頭皮を傷つけない程度の力加減でマッサージしてみてください。

PR