肉割れを消す方法ってあるの!?肉割れの対処法と予防法

肉割れを消す方法ってあるの!?肉割れの対処法と予防法

急激に体重が増えたときや、妊娠中に起こりやすい肉割れ。できてしまった肉割れを消す方法をご存知ですか? エステに通ったり、クリームを塗ったりしていたのでは、肉割れを改善することはできません。正しい対処法を知って、きれいな肌を取り戻しましょう。

体重増加・妊娠でできた肉割れをなんとかしたい!

体重が増えると太ももやおしりにできてしまいがちな肉割れ。赤ちゃんが大きく成長する妊娠後期にも、肉割れができやすくなります。

できてしまった肉割れをなんとかするために、クリームを塗ったりエステに通ったりしているあなた、その対処法は間違っていますよ。肉割れを消す方法についてご紹介します。

肉割れの症状は?

肉割れの症状は?

肉割れは、白い線のようなヒビが肌に入ってしまうもので、急激な体重増加や妊娠によって出来てしまいます。肉割れができると最初は赤っぽいのですが、だんだんと白くなり、皮膚に凹凸ができてしまい目立ちます。

肉割れはなぜできる?

肉割れはなぜできる?

肉割れが起こるのは、皮膚の皮下組織に弾力がないため、すぐに避けて亀裂が入ってしまうからです。

短期的に太ってしまうと、皮下組織や真皮がその変化についていくことができず、線維がきれてしまい、皮膚に亀裂を起こします。真皮のターンオーバーは、5、6年もかかってしまいます。

肉割れができやすい部分は、太ももやふくらはぎ、お尻やお腹、腕などです。これらの部分に肉割れができやすい理由は、皮膚を潤す成分である皮脂腺からの分泌が少ないためです。

肉割れを消す方法は?

肉割れを消す方法は?

肉割れを消す方法は、今までは存在しないと言われてきましたが、昨今研究が行われ、皮膚再生に効果の高い治療法が出てきています。

肉割れは、皮膚の真皮層が断裂を起こしてしまっているため、線が何重にもできてしまいます。よって、クリームを塗ったり、マッサージをしたり、エステに通っただけでは、肉割れを消すことはできません。

肉割れを消す方法の1つに、血流改善ガス治療があります。この血流改善ガス治療は、もともとフランスで妊娠線解消の方法として利用されているものでした。

どのような治療法なのかというと、血流改善ガスを皮膚に注入し、皮膚に一時的にダメージをあたえます。そのダメージによって、皮膚が自ら再生をする力をつけ、皮膚を柔らかく保つために必要なコラーゲンの生成を行います。

血流ガスによって、真皮が再生され、肌の表面にできた白い筋が薄くなっていくのです。真皮の再生が完了すればきれいな肌になります。

血流改善ガスの注入は、たったの10分です。細い針を使って注入するため、ほとんど痛みを感じることはなく、肌が腫れたりするようなことはありません。

肉割れを予防するための方法は?

肉割れを予防するための方法は?

これから肉割れができにくくするための予防法についてもご紹介します。

急激に太ることによって、肉割れができてしまうため、肉割れを予防するためには体重のコントロールをすることが大切です。体重管理を毎日行いましょう。

そのためには、体重計に毎日のって、日々の体重のグラフをつけることをおすすめします。少しの変化にも気づけるように、細かく体重の記録をつけましょう。

また、毎日の適度な運動も大切です。ウォーキングやストレッチなど最初は簡単な運動から始めると続けやすいです。

そして、肉割れ予防のためには肌の保湿をすることも大切です。

肌が乾燥をしてしまうと、肉割れができやすくなってしまいます。保湿クリームで肌に柔軟性をもたせるようにしましょう。

冬の季節は保湿クリームを塗りやすいですが、夏はベタベタして嫌だと感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。そんな時は、さらさらタイプのクリームを利用すると良いですよ。

PR