緑茶洗顔の効果について!飲むだけではない緑茶のすごい役割

緑茶洗顔の効果について!飲むだけではない緑茶のすごい役割

緑茶は、ビタミンCやカロテン、カテキンなど栄養が豊富で風邪などにも威力を発揮します。そのなかで、飲むだけではなく洗顔にも緑茶を使うという緑茶洗顔が、ニキビに効果があるなどといった理由で注目されています。緑茶洗顔の効果や方法について知っておき、肌荒れを予防・撃退しましょう。

緑茶洗顔の効果について。安価にニキビが防げます。

緑茶洗顔の効果について。安価にニキビが防げます。

緑茶にはさまざまな効能があり、特にビタミンCやカロテン、カテキンなどの栄養が豊富であるため、体調不良などに効く飲み物です。

従来より緑茶を風邪予防などいろいろなことに使ってきましたが、今回は緑茶を洗顔に使う緑茶洗顔の効果について紹介します。緑茶洗顔を正しく行い、お金をかけずにつるすべ素肌を手に入れましょう。

緑茶洗顔にはいくつかの方法があり、出がらしの緑茶を使う方法から手軽に粉末緑茶を使う方法など様々あります。

出がらしのお茶を使う!?手軽な緑茶洗顔の方法について

手軽な緑茶洗顔の方法について

出がらしの緑茶を使う緑茶洗顔は、飲み終えた茶葉を使用しますのでエコでお金がかかりません。

やり方も簡単で、普通の洗顔を行ったあと緑茶洗顔水で顔をバシャバシャ洗うだけです。

緑茶洗顔水は、出がらしの緑茶を洗面器に注ぎ、ぬるま湯で2,3倍に薄めるだけです。一番茶は、カフェインを含んでいますし刺激が強いのでお勧めできません。

緑茶洗顔を終えた後は、タオルでふき取る方法が効果的ですが、刺激に慣れる前は、水で流したほうが良いでしょう。人肌くらいの温度が良く、熱すぎないよう気を付けましょう。

茶葉をそのまま使って洗顔する方法もあります!

飲んでいる緑茶の茶葉をそのまま使った緑茶洗顔の方法もあります。

これは、飲むときと同じように急須でお茶を入れます。このとき、一番茶は刺激が多いので使いません。

そして、急須の茶葉を洗面器に入れます。そこに水かぬるま湯を注ぎ、茶葉は取り除かず浮かせた状態で洗顔します。急須に入れたお茶をそのまま使いますので、手軽です。

粉末緑茶を普通の洗顔フォームに混ぜて使う方法もあります。

粉末緑茶を普通の洗顔フォームに混ぜて使う方法もあります。

粉末緑茶を普通の洗顔フォームに混ぜて使うと、手軽に緑茶の効果を実感できます。

粉末緑茶は市販のものを使用してもいいですし、茶葉をミキサーやミルで砕いたものでもいいです。

やり方はいたって簡単で、粉末緑茶を普段使っている洗顔料に混ぜるだけです。洗顔フォーム約1センチに対して、粉末緑茶ひとつまみが適量です。

そして、洗顔をした後はじっくりと洗い流すことが必要です。

緑茶洗顔はどのような効果があるの?

緑茶洗顔の効果はさまざまです。

まず、緑茶に含まれるカテキンに殺菌作用がありますので、継続して緑茶洗顔を行っていくうちにニキビや肌荒れなどに効果を示します。

洗顔ではありませんが、手を洗うだけでひびやあかぎれが改善するという事例もあります。

そのほかにも、ビタミンCが含まれていますので、美白にも効果的です。夏は日焼けをしてヒリヒリしてしまうことがありますが、日焼けの後の肌を鎮静化する効果もあります。

このように、緑茶洗顔の効果は多岐にわたります。

緑茶洗顔をするときの注意について

このように安価で効能のある緑茶洗顔ですが、注意もあります。

まず、保存料などが含まれていませんので、すぐに使い切ることが必要です。出がらしのお茶であっても、冷蔵庫で保存できて3,4時間、それを過ぎると雑菌のリスクがありますので注意が必要です。

さらに、一番茶は濃すぎて刺激が強いので使わないようにしましょう。粉末緑茶は、ものによっては添加物が入っていますので、それにも注意します。

PR