美白と保湿でツヤ肌になる。黒糖パックの効果について。

美白と保湿でツヤ肌になる。黒糖パックの効果について。

黒糖というと、沖縄や鹿児島など南国のイメージが強いものですね。コクのある甘さで深い味わい黒糖には、ミネラルが豊富に含まれており、料理に使ってもおいしいものですが、肌に塗っても、美白や保湿の効果に優れているのです。美白、保湿など、黒糖パックの効果について紹介します。

南国の甘く深い味わい、黒糖。

黒糖には、ミネラルがいっぱい。

黒糖のコクのある甘さと奥深い味には、独特のおいしさがありますね。黒糖は、料理などに使って味わうだけではなく、鉄分、カリウム、ナトリウム、リン、マグネシウムなどのミネラルのほか、ビタミンB1・ナイアシンなどのビタミンB群など、健康にも美肌にも嬉しい成分がたくさん含まれているため、黒糖を使ってパックを作っても様々な美肌効果をもたらしてくれます。

南国では高齢の女性でも、ツヤとハリのある肌を保っている人が多いのは、黒糖があるからなのかもしれませんね。黒糖パックの効果は保湿や美白だけでなく、お肌がツヤツヤとして、やわらかくなるとといいますから、是非試してみたいですね。

sugar-1354787_640

黒糖パックの作り方と使い方。

基本の黒糖パック。

黒糖パックは自分で作ることができます。作り方はとてもカンタン、黒糖20gと水20gを鍋に入れて火にかけます。弱火で、全体がとろりとしてくるまで煮詰め、鍋の中に大きな泡がプクプクと立ってくきたら火を止めて、そのまま全体が冷めるまで待ちます。これで黒糖パックの出来上がりです。

パックが冷めたら、早速使ってみましょう。キレイに洗顔をした顔全体に、薄くパックを伸ばして5分くらいそのままにして、最後はお湯でキレイに洗い流しましょう。このパックはべとつくため、それが気になる人は、お風呂に入り、湯船につかりながらパックするといいでしょう。もし、顔に伸ばすのが難しいという場合は、パック用のシートやコットンに含ませてパックしてみましょう。

基本のパックの応用。

基本の黒糖パックが気に入ったら、こんな応用編もあります。

基本のパックに天然の保湿効果があるハチミツを加えると、黒糖のミネラルと一緒になり、保湿力がさらにアップします。

基本のパックに、女性ホルモンに似た効果を持つイソフラボンを含んだきな粉を混ぜると、肌のキメが整うのを助けてくれます。

また、焼酎を加えると、黒糖パックの成分の肌への浸透がよくなり、保湿効果が長時間続くようになります。

83be2ed6e7baeb67479cf4a962112221_s 蜂蜜 はちみつ ハチミツ

天然スクラブになる黒砂パック。

鼻の毛穴が黒ずんで目立ってしまうのが気になるという人なら、黒砂糖にハチミツを混ぜて、天然のスクラブを作りましょう。火を使いませんから、本当に簡単にできます。

黒砂糖とハチミツを混ぜて黒糖パックが出来上がったら、気になる部分にパックを伸ばし、5分くらいそのままにします。5分経ったら、軽くくるくるとマッサージし、お湯で洗い流しましょう。

_shared_img_thumb_AI_IMG_7756_TP_V 顔をマッサージする女性 美容 エステ スキンケア

日焼けした肌にもパックしよう。

黒糖パックには、保湿と美白の効果がある上に、天然の成分でできているものですから、日焼けして火照った肌にもパックをすることができます。このとき、肌に水分をたっぷり与えたいですから、基本の黒糖パックにローションを混ぜるといいでしょう。紫外線によるダメージを受けた肌が、元気を取り戻します。

また、黒糖パックは、天然のものだけで作られたものですから、アレルギー体質の人でも使うことができます。肌の美白や保湿など、嬉しい効果がありますから、毎日でもパックしたくなるところですが、このパックにはピーリング効果もあるため、毎日行うのはかえって肌のためになりません。

黒砂糖パックを行うのは週に1度程度にするといいでしょう。

a1e570bfc79b4756cbcd9c23cf2ae385_s sun 太陽 陽射し 日差し 紫外線 夏

PR