AGA治療は保険が適応される?されない?治療費はどれくらい?

AGA治療は保険が適応される?されない?治療費はどれくらい?

最近女性の薄毛問題も増えてきていますよね。そんな時に考えるのはAGA治療。AGA治療とはどんなものでしょうか?また、AGA治療は保険が適応されるのでしょうか??そしてどれくらいの費用が必要なのでしょうか?

いまや男性だけではない??薄毛問題って?

男性も女性も若年性薄毛(AGA)に悩んでいる

頭の薄毛問題は、男性だけのものだと思ってる方もまだ多いでしょうか?

最近は、若い男性や女性の薄毛問題も増加傾向にあります。この若い人の薄毛をAGAというそうです。シャンプー等でも注目されていますよね。

そんな若年性薄毛(AGA)もきちんと治療ができる時代になりました。どんな治療方法があるのでしょうか?

AGA治療とは?

若年性薄毛(AGA)は皮膚科や育毛サロンやエステサロンで治療できます

どこで治療できるの?

薄毛治療は、皮膚科や育毛サロン、また、エステサロン等にも導入されています。

そして、代表的な治療方法のAndro genetic Alopecia、略してAGAといいます。よく耳にするようになりましたよね。意味は若年性の男性型脱毛症の事をいうそうです。

薄毛にも様々な種類があります。このAGAに対する治療も進化しているそうです。ではAGA治療はどんなことをするのでしょうか?

治療方法は主に薬剤治療だそうです。2種類の薬剤を薄毛の傾向によってかえるようですが、発毛サイクルを正常にするフィナステリドと血行を促す作用をするミノキシジルという薬剤を使用します。

ただ、この薬剤は副作用もあるようですので、きちんとカウンセリングをして、薄毛の傾向を把握してからの方がいいでしょう。

そんなAGA治療ですが、費用はどのくらいでしょうか? また、AGA治療は保険が適応されるのでしょうか??

若年性薄毛(AGA)は基本的には保険適用されません

治療費はいくらくらい?

まず、治療はどれくらいの料金がかかるのでしょうか? だいたいですが、専門クリニックに通う場合と一般の病院で通う場合で治療費は異なるようです。

専門クリニックに通う場合はだいたい10,000円から30,000円くらいと言われています。一般の病院は、大体、10,000円前後のようです。専門クリニックより少しだけ低価格です。でも病院によってそれぞれちがうようですので事前の確認は必要です。

では、保険は適応されるのでしょうか? 残念ながら、現在は保険適応できないそうです。生命に関わる治療ではないため、健康保険が適応されないようです。

詳しい治療内容ですが、先ほども紹介しました薬剤療法の中にも薬を服用する治療方法、薬を塗る治療方法、そして、毛根のない場所に毛根を移植する植毛、さらに、毛根がない部分に薬剤を注入する発毛方法があります。

保険が適応外になる理由として生命に関わらないからとありましたが、これは美容整形も同じことが言えます。もちろん、美容整形も自由診療ですので保険適応外です。

保険適用される場合もある?

しかし、例外もあるようです。基本的には保険は適応されないのですが、理由がメンタルからくるAGAであった場合や、なんらかの病気による影響の場合です。

このような影響で、AGAの治療をしなくてはいけなくなった場合、税務署に認められれば、医療費控除が受けれるそうです。

何が原因でか、AGAになった事でどのような弊害があったかにもよって変わってくるようですので、そこはきちんとしておくと良さそうです。

また、年間を通して、世帯でAGA治療費、薬代併せて100,000円以上になった場合は税金もかえってくるようです。保険よりも税務署に相談してみるのがおすすめかもしれませんね。

PR