美肌、ダイエット、安眠が全部叶っちゃう?お風呂でオイルパックがいい理由

美肌、ダイエット、安眠が全部叶っちゃう?お風呂でオイルパックがいい理由

オイルパック単体でもお風呂単体でも美容効果はありますが、それぞれ欠点もあります。そこで、お風呂でオイルパックをすることをお勧めします。お風呂でオイルパックをすると相乗効果とお互いの欠点を補い合うことで2倍以上の美容効果を発揮するのです。

オイルパックとお風呂の幸せな関係

オイルパックとお風呂の幸せな関係

突然ですが、オイルパックはお風呂でするのがお勧めです。オイルパックとお風呂は相乗効果で美肌を招き、お互いの美容法の欠点をそれぞれ補うのです。

オイル美容は美肌に良いと評価が高い美容法です。でもオイルって結局保湿効果を感じなかったり、ベタベタして扱いにくかったり、後始末が大変で挫折する人もいます。そんな方にはお風呂でオイルパックするのがお勧めです。

また、半身浴ダイエットや全身浴ダイエットで長風呂している人。何も付けずに長風呂するのは、乾燥肌や老化肌に逆効果。長風呂が好きな人には、お風呂でオイルパックがマストなのです。

オイルパックで保湿ができる理由

しっとり肌に必要なのは水分ですが、肌に水分を与えたからといって肌の水分量が増えるわけではありません。水分だけを与えると、蒸発する作用によりかえって肌は乾燥してしまいます。

皮脂などの油によって肌は水分を保持します。ですから、保湿のためには水分を与えること以上に、皮脂を補う油を肌に塗ることが効果的なのです。

お風呂でオイルパックをすると、温かい水蒸気とオイルの相乗効果で適切な保湿ができます。

オイルパックは美容成分の浸透にも良い

オイルパックは美容成分の浸透にも良い

美容成分はそのままでは肌に馴染みません。オイルは水より肌に馴染むため、オイルパックをすると美容成分を肌に届けることができるのです。

ビタミンEを豊富に含むグレープシードオイルや、ビタミンA、B群、Eなどを含むスイートアーモンドオイル、オレイン酸が多くビタミンA、D、Eを含むオリーブオイルなど、キャリアオイルでのオイルパックはそのまま美肌にも直結します。

特にオイルが自然な温かさに温まっていると、美容成分は浸透しやすくなります。

オイルパックなしでの長風呂は汚肌や老化の元

オイルパックなしでの長風呂は汚肌や老化の元

ダイエットや肌の代謝のために、長時間の半身浴や全身浴を行っていませんか? 長風呂にはさまざまな美容効果や健康効果がありますが、マイナスの効果もあるのです。

それは髪や肌の乾燥です。長時間のお風呂では髪や肌がふやけ、多量の水分が抜けたり、皮脂が落ちてしまいます。

お風呂に入っている間は蒸気でしっとりしているように錯覚するので気づきにくいのです。しかし長い目で見ると、枝毛や切れ毛が増えたり、乾燥肌になったり、皺やニキビが増えたりしかねないのです。

そこでお勧めなのがお風呂でオイルパックをすることです。オイルは水分の蒸発を防ぎますから、肌や髪を傷めることなく長風呂の美容効果や健康効果を享受できるのです。

お風呂でオイルパックするとラク

オイルパックって普通にすると案外面倒ですよね。

冬場はオイルの種類によっては伸びにくく肌をこすってしまったり、夏場は汗と混じってなじまずベタベタしたり。後始末も大変です。やりやすさを考えても、お風呂でオイルパックするのが良いのです。

お風呂場では夏場はオイルがべたつきにくく、冬場はオイルが伸びやすく、お部屋で塗るよりずっと塗りやすくなります。塗りやすいということは、肌に負担をかけないということです。

オイルで服や部屋を汚す心配も要りませんし、洗い流すタイプのパックの洗い流しもラクです。やりやすい美容法は、挫折せずに続けやすくなります。

リラクゼーション効果

リラクゼーション効果

オイルを肌にたっぷり乗せてパックすることには、触覚刺激によるストレス解消やリラクゼーションの効果があります。

お風呂に浸かることにもリラクゼーション効果があります。温熱効果により副交感神経が優位になったり幸福ホルモンが出るためです。

お風呂でオイルパックをすると相乗効果でリラックス度、幸福度マックス。贅沢なひとときが過ごせ、その後の安眠も誘うのです。

PR