厚生労働省も認めた!?イチジクの美白効果とは

厚生労働省も認めた!?イチジクの美白効果とは

不老長寿のくだものと古くから言い伝えられてきたイチジク。お通じに良いことや、美肌効果は有名ですが、近年注目されているイチジクの効能にイチジクの美白効果があることはご存知ですか。イチジクの美白成分は2つあり、どちらも厚生労働省が化粧品の美白成分として承認した成分なのです。

フルーツを楽しむなら美容効果も期待したい…

イチジクには美白効果があるといわれています

フルーツは美味しいだけではなく、女性なら美容効果を期待して食べる人も少なくないのではないでしょうか。

今回とりあげるのは、生でもドライでも美味しいイチジクです。イチジクには美白効果があるといわれています。

美白というとビタミンCを思い浮かべますが、実はイチジクのビタミンCはそれほど多くはありません。特にドライイチジクには、ビタミンCはほとんど含まれていません。

それではイチジクの美白効果は、何故、どこから来るのでしょうか。

厚労省お墨付き!?イチジクの二大美白栄養素

化粧品の美白成分として厚生労働省の承認を受けているほど信頼度の高い成分

イチジクに特徴的な美白栄養素は「アルブチン」と「エラグ酸」です。

どちらも美白パワーは絶大。両方とも化粧品の美白成分として厚生労働省の承認を受けているほど、信頼度の高い成分なのです。

アルブチン

アルブチンは厚生労働省が認めた美白成分です。

肌が日焼けして黒くなったり、シミを作るのはメラニンという色素ですが、アルブチンは体内のメラニンを合成するチロシナーゼという酵素を阻害し、メラニンを生成することを抑えます。アルブチンは多くの美白化粧品に含まれている成分です。

美白効果のほかには、食用すると尿路感染症を防ぐ効果もあります。

エラグ酸

エラグ酸はポリフェノールの一種です。ポリフェノールが美容や健康によいという話は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

エラグ酸はポリフェノールならではの抗酸化作用もあります。身体の酸化を防ぎ、アンチエイジングによいといわれている作用です。

その他にエラグ酸ならではの効果があり、これが美白によいといわれているのです。エラグ酸もアルブチン同様、厚生労働省に美白成分として承認されています。

エラグ酸は、メラニンを合成するチロシナーゼの銅イオンを除去し、メラニンの生成を妨害します。

美白以外では、エラグ酸は老化の防止やがん予防にもよいといわれています。

イチジクはほかにも美容効果が沢山

イチジクには美白効果以外の美容効果も多数あります。

有名なのは整腸効果です。食物繊維が豊富なイチジクはお通じによいと昔からいわれてきました。イチジクには水溶性の食物繊維が多く含まれ、腸の動きを促します。

イチジクはさまざまなビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます。そのため「不老長寿のくだもの」とも言い伝えられてきたのです。

また、イチジクには女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをする成分が含まれ、女性の悩みや更年期にもよいといわれています。胎児の正常な成長に関与する葉酸も含まれていますから、妊婦さんにもお勧めです。イチジクには美白効果以外の美容効果も多数あります。

生食だけではなくドライイチジクでも

イチジクは生食でも美容効果が高いのですが、ドライフルーツにしても効果を感じられます。

ドライフルーツにすると生で食べるより沢山食べられますし、ビタミンCだけはなくなりますが、その他の栄養素の食物繊維や鉄分などは乾燥前より凝縮されます。全体的には乾燥前より高い美容効果が期待できるのです。

ドライイチジクで気になるのは食べすぎです。イチジクは多くの糖分を含み、カロリーも思ったほど低くありませんから、1日に5~6個までくらいに制限することをおすすめします。

PR