目元の小ジワ対策は保湿が大切 目元の小ジワの改善する方法は?

目元の小ジワ対策は保湿が大切 目元の小ジワの改善する方法は?

年齢を重ねると気になる目元の小ジワ。カラスの足跡とも呼ばれている小ジワですが、どうにかしたいものですよね。目元の小ジワ対策は、保湿が大切だと言われています。目元の小ジワを深く刻み込ませないための対策方法や、改善方法をご紹介しましょう。

目元の小ジワ対策のポイントは?どうすれば改善する?

毎朝、鏡を見るたびに気になるのが目元の小ジワ。

歳をとるにつれて、だんだんと深く刻み込まれているような気がするという方、目元の小ジワ対策をしっかりとすることで、小ジワが大ジワへと発展することを予防できますよ。目元の小ジワ対策や改善するための方法をご紹介しましょう。

目元の小ジワはなぜできる?小ジワの原因

目元の小ジワはなぜできる?小ジワの原因

目元の小ジワの原因は、一体何なのでしょうか?

小ジワができるのは、2つの原因があります。

【紫外線の影響】

目元の小ジワができる原因の1つに紫外線があります。小ジワやシミ、たるみも紫外線の影響が大きく、私たちの肌にダメージを与えるものです。

赤ちゃんは、ぷるぷるで弾力のある肌をしていますが、赤ちゃんのようなハリのある肌をキープできるのは、肌の中にエラスチンやコラーゲンがたっぷりと入っているからです。

しかし、だんだんと紫外線の影響を受けて、これらの成分が壊れてしまいます。少しの間紫外線を浴びただけで、壊されてしまうため、紫外線対策が必要になります。

若いころはそれほど紫外線を気にしていなくても肌に小ジワができないのは、肌がダメージを受けても回復する力があったから。しかし、30代前半になると、回復するスピードが落ちるため、小ジワとなって肌に出てきてしまうのです。

【肌の乾燥】

目元の小ジワができる原因の1つに、肌の乾燥があります。

肌の角質は、乾燥によって固くなってしまい、ハリや弾力が失われていってしまいます。肌は、一度ハリが失われてしまうと、シワがつきやすい状態になってしまいます。

特に目元は、笑うときにシワがつきやすく、乾燥をしている肌が続くことによって、小ジワになってしまうのです。そのままにしておくと、小ジワが深く刻み込まれてしまうため、早めの対策が必要です。

どうすればいい?目元の小ジワ対策

どうすればいい?目元の小ジワ対策

目元の小ジワは、紫外線と肌の乾燥が影響していることが分かりましたね。それらの2つに対処するための、目元の小ジワ対策をご紹介しましょう。

【お出かけのときの紫外線対策】

目元の小ジワができないようにするために、出かける前の紫外線対策をしっかりと行いましょう。メイクの前には化粧下地として日焼け止めを塗ることが大切です。また、直接紫外線を浴びないようにするために、目元ケアのためのサングラスや、日傘、帽子などで対策をすることも大切です。

【肌の保湿をしっかりと】

洗顔後には、化粧水をたっぷりと使って乾燥をしている肌に水分を補給しましょう。肌が冷たく感じるくらい化粧水を入れ込むことがおすすめです。

そして、その後に保湿クリームや美容液をつけてケアします。夜寝る前のケアなので、保湿クリームや美容液もたっぷりと使うことが大切です。アイクリームを使っても良いでしょう。

朝のメイク前のケアをするときは、クリームや美容液をぬりすぎると、メイクが厚くなってしまうため注意が必要です。

目元の小ジワを改善する方法

目元の小ジワを改善する方法

できてしまった目元の小ジワを何とかしたいですよね。目元の小ジワを改善するための方法をご紹介します。

①両目をしっかりと開いて正面をみましょう。
②下まぶたを下げて、だんだんと目を細めていきます。
③閉じる直前にとめて5秒間キープしましょう。
④5回繰り返します。

起床後や寝る前など、時間を決めて行うことで、だんだんと小ジワが改善されます。

PR