吹き出物のあとを消すために肌に行うと良いことや有効な食べ物とは?

吹き出物のあとを消すために肌に行うと良いことや有効な食べ物とは?

吹き出物のあとを消す方法として直接皮膚に働きかける方法と食事によって皮膚の再生を促す方法があります。どちらも並行して行うとより効果的です。一方、吹き出物あとを隠すためにコンシーラーや化粧品を使う方法はもっとも簡単ですが、色素沈着を進行させたり、皮膚の再生を遅らせる恐れがあるので注意しましょう。

吹き出物のあとを消す方法

吹き出物ができた後で、その部分が赤くなったり、茶色くなったりして痕になることがあります。

このような吹き出物の痕は一旦できてしまうとなかなか消えないばかりか、早く消さないとどんどん消しにくくなります。

そのため、吹き出物の痕は出来るだけ早く対処することが大切です。今回は吹き出物の痕を消す方法について紹介します。

【1】カソーダで直接痕を消す

カソーダで直接あとを消す

吹き出物の痕を直接綺麗にする方法として、カソーダと呼ばれる塗布剤を使用する方法があります。

カソーダはひまし油と重曹を2:1の割合で混ぜ合わせたものです。

強アルカリの特性を持ち、シミや傷跡、ほくろを取り去る塗り薬です。商品として販売されているものもありますが、自分で作っても性能はあまり変わりません。

ただし、効能が非常に強いので健康な皮膚に触れると炎症や赤く腫れることもあります。カソーダはくれぐれも吹き出物の痕にのみ塗るようにしましょう。

カソーダを塗ったあとはバンドエイドなどで保護して出来るだけ長く患部に当てておくことが大切です。

1日1回、カソーダを塗りたして1週間を目処に様子をみます。1週間ほどしたら3日ほど肌を休ませます。

【2】ひまし油で皮膚の再生を促す

ひまし油で皮膚の再生を促す

カソーダで1週間、あとを取り去る対処をしたら、次の3日間は皮膚の再生を促すためのひまし油を患部に塗ります。

ひまし油を塗ったところを、ラップで覆い、さらに蒸しタオルで十分にあたためます。その後、最後に余分なひまし油を拭き取ります。

このとき、洗い流すのではなく拭き取るようにすることで肌の再生速度は早くなります。このようなケアを朝晩2回行いましょう。

ひまし油は肌に素早く浸透して、肌の再生とともにリンパや血行の促進を早めて、老廃物を取り除く作用にも優れています。

【3】食事で細胞の再生を促す

食事で細胞の再生を促す

吹き出物の痕を早く消すためには、食事も大切です。

とくにビタミンBとE、そしてCは肌の再生に有効です。そのために多く摂取したいのは、柑橘類とアーモンド、そして黒ごまです。

ビタミンBは動物性から摂取することもできますが、植物性のものを摂取することでより消化吸収に負担なく、また肌の質も高くなります。

できるだけ、植物由来のものからこれらの栄養素を摂取するようにしましょう。

また、肌にダメージや傷があるときには、出来るだけ食肉を控えることも肌の再生には効果的です。

その理由として肉食は消化の際に、多くの器官に負担をかけるだけでなく腸の環境と腸壁の状態を悪くする恐れがあるからです。

腸の状態は皮膚の状態へダイレクトに影響を及ぼすと言われています。

そのため、皮膚の改善をしたいと思っているときには腸への負担の少ない、植物性のものから栄養素を摂取するようにしましょう。

吹き出物のあとを隠すのは危険?!

吹き出物のあとを隠すのは危険?!

吹き出物の痕を隠すために、コンシーラーなどの化粧品でカバーする方法があります。

仕事などで仕方がないときを除いて、極力このようなあとを隠すために化粧品の厚塗りすることは避けましょう。

なぜなら、化粧品に含まれる成分によって吹き出物のあとがますます深く、濃くなる恐れがあるからです。

吹き出物の痕は、出来るだけ乾燥を避けるために天然のオイルを使って保湿を心がけ、人工的な成分を塗布したり、またそれらで擦ったりすることをしないようにしましょう。

PR