どうやって押し麦を取り入れるの?押し麦ダイエットの方法と簡単アレンジ

どうやって押し麦を取り入れるの?押し麦ダイエットの方法と簡単アレンジ

押し麦ダイエットの方法は普段の食事に押し麦をプラスするというものです。基本は主食に混ぜたり、主食を押し麦にすることですが、毎食主食が押し麦だと飽きてしまうという場合には主菜や副菜に押し麦を入れて飽きずに続けるメニューにすることが大切です。押し麦は以外と様々なメニューに合う使い勝手の良い食材です。

押し麦ダイエットの方法

押し麦ダイエットは手軽にできて効果が高いダイエット法として人気の高いダイエット法です。真面目に、コツコツ続けることで多くの人が減量効果を実感しているようです。

しかし、これまで押し麦に馴染みのない人にとっては、どのように押し麦ダイエットを始めればいいのか?本当に続けることができるのか?不安なこともあるでしょう。

今回は押し麦ダイエットの基本的なやり方と続けるためのコツなどを紹介します。

押し麦ダイエットの方法

押し麦ダイエットの基本は主食から

押し麦ダイエットの基本は主食を押し麦にする、あるいは白米に押し麦を加えて炊くというものです。最初から押し麦だけにすると、その風味や食感が嫌になる可能性が高いのでおすすめしません。

白米にちょっとずつ加えるのがベストのようです。押し麦を炊くときの注意点は水の量を白米の2倍にすることです。また、麦は研いであるのでお米のように研ぐ必要なないので、炊飯器に直接入れて炊くことができます。慣れると白米よりも手軽に感じると思いますよ。

美味しく炊くためには麦ごはん用の炊飯コースが良いですが、ない場合には普通に炊いても大丈夫です。ただし、炊きあがってから30分から40分ほど置きましょう。麦がふっくらと炊き上がります。

普段から3食をご飯で食べないという人は朝ごはんや軽食のときには押し麦グラノーラにすると美味しく食べられます。作り方はオートミールやナッツ、ドライフルーツなどを合わせたもの、もしくは加糖されていない市販のグラノーラに、160℃のオーブンで20分焼いたものを混ぜて食べるという方法もあります。

ちょっと飽きたときにオススメの食べ方

押し麦ダイエットで大切なことは押し麦を食べ続けることです。

しかし、主食が押し麦と決まっていると味に飽きたり、メニューに変化をつけたい気分になることもあるでしょう。そのようなときには主菜や副菜に押し麦を入れる混むことが大切です。

【1】サラダにプラス

サラダにプラス

押し麦は食感は独特ですが、味はそれほど個性的ではないためサラダにして食べるのもおすすめです。

それも、サラダのドレッシングでも、サラダにの素材してもOKという汎用性の高い食品なので、その日のサラダに合わせて柔軟に対応することができます。

サラダに直接入れるときには事前に茹でたり、オーブンで焼いたりするなどの事前の準備で印象が変わってくるのも楽しいですよ。

【2】グラタンやスープに

グラタンやスープに

淡白な味で独特な食感のある押し麦はグラタンやスープのアクセントとしても最適です。

とくにグラタンやカレーのような濃い目の味付けのときには押し麦が苦手な人でも美味しく食べることができるでしょう。スープに入れると朝食や軽食にぴったりの一品になります。

【3】餃子やハンバーグに

餃子やハンバーグに

押し麦は餃子やハンバーグなどのタネに入れても美味しく食べることができます。

カサ増しにもなり、食感もよくなるので満足感も上がります。茹で時間を長めにして水分量を多くすると小さなお子さんでも安心して食べられるようになります。

押し麦ダイエットでは様々な料理に追加することができますが、ダイエット効果を出すためには副菜にちょっと入れただけでは摂取量が少ない場合があります。そのようなときには副菜や主菜のいくつかに押し麦を入れるなどする工夫が大切です。

また、押し麦は柔らかくすると普段のメニューに取り入れやすくなりますが、食感を残してしっかり咀嚼することで高いダイエット効果が期待できるので1日1回はしっかり咀嚼するメニューで押し麦を食べるようにしましょう。

PR