「笑っちゃダメ!」そんなときに笑いをこらえる方法とは?

「笑っちゃダメ!」そんなときに笑いをこらえる方法とは?

どうしても笑ってはいけない場面で笑いがこみ上げてしまうことってありませんか?そんなとき。笑いをこらえるのって大変ですよね。そんなときにどうしたらいいかをちょっと調べてみました!これを知っておけば不意にくる笑いをこらえることができるかも!?

笑いをこらえる・・・。これって結構難しいんですよね。

でも人生、どうしてもここでは笑ってはダメ!という場面には出会うはず。そんなときに試してみたい笑いをこらえる方法をちぇっくしちゃいます!

笑いをこらえる方法、あなたはどれを試しますか?

眉間に意識を集中させる!!

眉間に意識を集中させる!!

人は眉間に意識をもっていくと自然と難しい表情をするんだそう。これをすることで思わず笑ってしまいそうなときも抑えることができそうですね!

身体のいろいろな部位を痛めつける!

身体のいろいろな部位を痛めつける!

痛みで笑いを抑える方法です(笑)下唇をかんでみたり、中には口の中をかむって人もいるそうです。他にも身体の一部をつねってみたり、両耳をぐいーーっと引っ張るって方法もあるようですよ。

ストレッチしてる風に見せる!

ストレッチしてる風に見せる!

口を「イーー」としてみたり、すぼめてみたりとまるで顔のストレッチをしているような動きをしてみましょう。思わず笑いそうになってもこれならごまかせそうじゃありませんか?逆に面白表情で相手を笑わすことができちゃうかもしれませんよ!

口を隠す!

口を隠す!

口元を隠すだけでも”笑い”をごまかすことがしやすくなります。

口元に手をやるのが一番手っ取り早いですが、ハンカチなどで押さえると所作がキレイで印象も悪くありません。今なら”マスク”をしていることが多かったりするので、笑いをごまかすにはもってこいの季節かもしれませんね(笑)

咳をしてみる!

咳をしてみる!

これこそ笑いをこらえるときの王道といっても過言ではないですよね。でも注意したいのが”目元”です。

どうしても笑うときは目元が笑ってしまうことが多いので、ちょっと顔を伏せながら咳をしてみたり、後ろをあえて向いて咳をしたりするとごまかすことがしやすくなると思いますよ!

いろいろと笑いをこらえる方法を上げてみましたがどうですか?笑ってしまう時って思わず吹き出してしまったりしがちなので、そうならないよう注意することも大切ですよね。

笑いはとってもいいことなのですが、笑うことで最悪人を傷つけてしまうことにもなるので、笑いひとつにしても注意することが必要かもしれませんね。

どうして人は笑ってしまうの?

どうして人は笑うのでしょうか?

笑うのは人だけと言われていますが、それは”思い出して”など経験から笑いにつながるとされています。人間以外の動物を観察していると”笑っている表情をした動物”には出会うことがあると思います。

これは自然と出てくる幸福が表情に出ているだけで、思い出しての笑いではないんだそうです。でも人間は経験により「笑う」という行動が増えるのだそうです。

様々な経験を積み重ねることで「予想と違うこと」が起こったり、逆に「期待ではない予想と違うこと」が起こることで人はそのことで笑いにつながるのだそうです。さらにその経験が頭の記憶に残り、不意に笑ってしまうのも人間特有の能力なんだそうですよ。

どうして人は笑ってしまうの?

「笑」は人の寿命を延ばすものだという研究結果もあるほど、生きていくことにとても大切な役割を持っています。

笑いっぱなし!というのもちょっと可笑しいかもしれませんが、ぜひともその”笑い”をいい方向へつなげれるようにしていきたいものですよね!常にその笑い、笑顔を大切にみんながスマイルであり続けるときっと幸せである証拠ですね。

PR