えっ、大豆のバストアップ効果があるのは2人に1人?

えっ、大豆のバストアップ効果があるのは2人に1人?

大豆のバストアップ効果はだれもが知るところになっていますね。 毎日の食生活の中でも美しいバストを保つための努力をしているって素晴らしいですね。 でもソイチェックって知っていますか? 今回は、知らないほうがよかった、大豆のバストアップ効果のひみつについて紹介します

美しいバストを手に入れたい、本当に胸の悩みの無い女性がうらやましいです。

とくに最近、大豆のバストアップ効果が気になっています。日本人なら身近な食材である大豆でバストアップが図れるというなら朗報ですよね。

でも、そもそも胸と大豆って関係あるの?

えっ、大豆のバストアップ効果があるのは2人に1人?

胸と大豆の関係とは

そもそも胸が大きくなるには女性ホルモンの働きが欠かせません。

女性ホルモンが活発に分泌され、おっぱいの中の乳腺細胞を増やそう増やそうと働きかけるために、胸が大きくなります。しかし、女性ホルモンの働きが弱まるとバストははりがなくなり垂れてきてしまいます。

昔から日本食には大豆が多く使われてきましたが、みなさん最近食べていますか?納豆や豆腐、煮豆、豆乳、お味噌汁摂っていますか?

最近の研究では、大豆ががん予防にも効果が期待できると言われていますが、その大豆の栄養を次に見ていきましょう。

女性のサポーター、イソフラボン

乾燥大豆のやく30%はバランスのとれた良質なたんぱく質で、他にも良質な脂質、食物繊維などさまざまな栄養が含まれているスーパー食材です。

とくに食物繊維は一食あたり野菜より多く摂ることができると言われています。鉄分もほうれん草同等というから驚きです。

しかも、血中コレステロールの低下や肥満予防などダイエット食材としても、美肌食材としても優秀です。

では胸に効くための女性ホルモンの分泌を促進させる作用はというと、大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た性質を持っていることが知られています。骨粗しょう症、更年期障害や月経前症候群の軽減等の効能が言われており、女の子の心強いサポーターです。

女性のサポーター、イソフラボン

過剰摂取に気をつけて

たくさんとったら効果がありそうと思われがちですが、大豆イソフラボンは作用も大きい分、適量が大事だと覚えておきましょう。

イソフラボンによる勘違いエストロゲンのせいで、生理不順や月経前症候群の症状をかえって重くしていまうこともあり得ます。

大豆イソフラボンの1日の適量は70mg〜75mgで、これは納豆1パックあたり約35mg、豆乳200ミリリットルあたり約40mgが摂れるのでこれらを目安に考えてみましょう。

このように意外と簡単に食材から摂取できるので、とくにサプリメントを摂っている人は過剰摂取にならないように気をつける必要がありますね。

過剰摂取に気をつけて

じつは知りたくなかった衝撃的事実

じつは、大豆イソフラボンはだれにでも効果があるわけではないって聞いたことがありますか?

テレビで活躍している女医さんがそう発言しているのを聞いたことがあったので気になって調べてみたら、同じように大豆イソフラボンを摂取しても、エストロゲンに似た効果が発揮されるエクオールを体内で作れる人と、そうでない人の2パターン存在することが分かったそうです。

しかも、日本人は2人に1人しから大豆イソフラボンが効かないというのです!これでは一生懸命、大豆を食べてもバストアップという意味では効果が得られません。ちょっとショックです。

じつは知りたくなかった衝撃的事実

ソイチェックをしてみよう

このような体質をチェックできる検査が「ソイチェック」と言います。

簡単な尿検査で大豆イソフラボンがエクオールをつくれる人かどうかチェックできますので、興味のある方は調べてみて!しかしながら、女性ホルモンはデリケート…。

食生活の乱れやストレスがある生活を送っていると女性ホルモンが抑えられてしまうので、いくら大豆をとってもバストアップにつながりません。

だから、規則正しい食事や栄養バランス、ストレス解消も同時に考えてみてくださいね。

PR