どうしておこる!?どうやったら解消する!?飛行機に乗ると耳が痛いとき

どうしておこる!?どうやったら解消する!?飛行機に乗ると耳が痛いとき

せっかく楽しい旅行なのに・・・これから大事な仕事なのに・・・飛行機に乗る機会があるけれど、一番問題なのが飛行機に乗ると耳が痛い。皆さんはどうやって対処していますか?飛行機に乗ると耳が痛いのは、きちんとした原因があり、それに伴って対処法があります。前もってやっておくことで、その痛みが軽減されますよ。

どうして飛行機に乗ると耳が痛くなるの?

どうして飛行機に乗ると耳が痛くなるの?

飛行機の離陸直後などは特にそうですが、耳がキーンと痛くなることがありませんか?

あまりに痛くて辛い、というくらい耳の痛さがひどい場合や、少しだけ痛みを感じる人など、その痛みは千差万別ではありますが、飛行機に乗ると耳が痛いと感じる人がほとんどではないでしょうか?

では一体、どうして飛行機に乗ると耳が痛いと感じるのか、そしてどうすれば、その痛みを軽減したり、予防することができるのでしょうか?

耳の痛み・・・気圧の変化

耳の痛み・・・気圧の変化

飛行機に乗ると耳が痛くなるのは、離陸時、着陸時の飛行機の機内の気圧の急激な変化に体が対応できないことによるものです。

ご存知の通り、飛行機が飛び立つときというのは、ものすごいスピードで飛行機が動き出し、それと共に上昇していきます。

つまり、このスピードの時に自分たちの体に対する負荷に加え、上昇時の時の体内の気圧と、機内の気圧の差の変化によって、耳の穴などで体内の気圧と体外(つまりこのときは機内)の気圧のバランスを一緒にしようと、耳の穴から空気を抜かそうとすることで、耳に痛みを生じさせてしまいます。

一方で、着陸時の場合、飛行機の高度を下げていくことで、機内と体内の気圧の差が生じます。この場合は、離陸時と逆に耳の中へ空気が入っていこうとすることで痛みを生じさせてしまうのです。

耳と鼻との関係

耳と鼻との関係

もうひとつ、耳が痛くなる原因としては、鼻の疾患も関係しています。

もともとアレルギー鼻炎であったり、その時に鼻づまり傾向の体調である人も、耳の痛みを生じさせやすくなっています。

ご存知の通り、耳の穴と鼻の穴は繋がっています。ですから、この急激な気圧の変化に伴った空気の移動が耳の穴と鼻の穴とで調節しようと体が変化しているのにも関わらず、鼻が詰まっていたりすると、その調整を耳の穴でしかできないということになるのです。ですから、結果的に余分に耳に痛みを生じさせてしまうこととなってしまうのです。

耳の痛みを取り除くために・・・出来ることは!?

耳の痛みを取り除くために・・・出来ることは!?

では、離陸時、着陸時に痛みを生じさせなくするためにはどうすれば良いでしょうか?何かしらの対策をするだけでも、結果は変わってきますよ。

飴をなめる

飴をなめる

耳の痛みを軽減させるために、手っ取り早いのが飴をなめる方法です。

これは、口の中に唾液を沢山だしておくために必要な手段だそうです。口も耳と鼻と繋がっている部分ですから、ここの部分に唾液を沢山貯めこむことで、気圧のバランスを保つことができます。

耳抜き法

耳の中で痛み、違和感を感じるのであれば、この「耳抜き」のやり方をすることで軽減されることもあります。

鼻水が出なくても、最初に鼻をかみ、その後鼻をつまみます。そして、口を閉じて鼻から空気を出すようにします。鼻は抑えられているので、その空気が耳の方へ流れていきます。そうすることで、痛みを和らげたり、耳の違和感を取り除くことが出来るでしょう。

予め鼻対策をしておく

耳の痛みの原因が鼻の風邪、鼻の不調によるものであれば、その前に鼻炎を改善させておくというのも一つの予防策です。

特に、小さなお子さんなどの場合には、中耳炎などになっていたら、痛みは余計にひどくなる恐れがありますから、飛行機に乗る前に医師に相談して、改善しておくという方法もあります。

PR