人の生活を豊かにすることができる?クローンとは。

人の生活を豊かにすることができる?クローンとは。

クローンとは単体から生殖を行わずに同じ遺伝子を持つ個体を作り出す技術のことを言います。倫理的な問題もありますが、クローン技術を活かすことができれば、人の生活を豊かにすることも可能でしょう。将来の食糧難を救うことができ、医療業界でも役立つことができます。

クローンとは

クローンとは

クローンとは生物の細胞から生殖を行わずに増殖し、同じ性質と遺伝子を受け継いだ個体のことを言います。

1996年に誕生した世界で初めてのクローン羊

1996年に誕生した世界で初めてのクローン羊

イギリスで始めてクローン羊が誕生しました。

クローンという意味

ギリシア語の小枝が語源になっています。

クローンはコピー元の親と同じ特徴を持つ

クローンはコピー元の親と同じ特徴を持つ

クローンは親と同じ遺伝子を持っているため、親とまったく同じ特徴を持ち合わせています。またクローンも生殖能力があります。

クローン技術で人々の生活が豊かになる可能性も

将来の食糧難を救うことができます

将来の食糧難を救うことができます

将来、食糧難になったときに、クローン技術を活かすことができれば、食肉用の動物を大量生産することができます。

大量生産することができれば、食肉用の肉が安く市場に出回ることも可能になるでしょう。クローン肉がどこまで食用として安全なのかが、人体への影響はないのかが、これからの問題となるでしょう。

実験動物を大量生産できます

実験動物を大量生産できます

医療分野での実験動物を大量に生産することができるので、医学に貢献することができます。またクローンの実験動物は、同じ遺伝子を持つ動物を大量に生産することができるため、同じ遺伝的条件で実験を行うことができます。そのため、実験結果の信ぴょう性も高まります。

医薬品を製造していくことができます

医薬品を製造していくことができます

人のタンパク質や人の血などを利用した医薬品を生産する場合に、どうしても数が不足してしまいます。これまでは、献血の血や培養された細胞からタンパク質を抽出して、製造してきました。

しかし大勢の人に薬を提供するには、数が不足してしまいます。クローン技術を活かすことができれば、遺伝子組み換え技術を使い、クローン動物を作り出し、そこから医薬品の材料を取り出すことができるので、薬の大量生産が可能になり、大勢の人に薬を提供することも可能になるでしょう。

希少動物、絶滅寸前の動物の生産ができます

希少動物、絶滅寸前の動物の生産ができます

クローン技術を活かし、希少動物や絶滅寸前の動物を生産することができます。すでに絶滅してしまった動物も体細胞が残っていれば、復活させることも可能になります。

移植臓器のクローンで命を救うことができます

移植臓器のクローンで命を救うことができます

移植を待っている患者にとっては、移植臓器の提供がなければ、命を落としてしまう可能性もあります。移植臓器のクローンを作りだすことができれば、命が助かる可能性があります。但し倫理的な問題も発生するので、どの程度移植臓器の生産が将来の法律で決められていくかが問題となります。

クローンはさまざまな問題点も発生します

人が新しい生命を造り出すことができることは、確かに素晴らしい医療技術なのかもしれません。

しかし倫理的な問題点もたくさんあります。動物に対するクローンは今のところ認められていますが、人に対する適応は認められていません。今のところ認められていませんが、将来、認められる可能性も出てきます。

もし認められたら、安全面や、倫理面、移植に使用された場合の安全面なども考えなければなりません。日本では、クローン技術の人に対する適応は法律で禁じられています。

世界でも法律で禁じられていますが、将来認められる国が出てくる可能性も出てくるかもしれません。その場合、他の国の人々はどう対応するのか、人に対する適応はこれからの大きな問題点、課題点になることでしょう。

PR