乳酸菌でダイエット!ダイエット効果を高めるためには食べる時間がポイント

乳酸菌でダイエット!ダイエット効果を高めるためには食べる時間がポイント

乳酸菌でダイエットができることをご存知ですか?乳酸菌が多く含まれている食べ物といえばヨーグルトですよね。ヨーグルトを使ってダイエットができます。乳酸菌が含まれるヨーグルトを利用したダイエットや、ダイエット力を上げるポイントなどをご紹介しましょう。

乳酸菌でダイエットをして腸内環境を整えよう

乳酸菌でダイエットをすると、腸の中がきれいになるので、痩せやすい体をつくることができます。

つまり、腸内環境を整えることによって、痩せる体質になれるのです。

では、乳酸菌でダイエットをする方法をご紹介しましょう。

乳酸菌の種類は?

乳酸菌の種類は?

乳酸菌の入ったヨーグルトを買いにスーパーへ行くと、色々な種類の乳酸菌に出会えます。まずは、どんな種類の乳酸菌があるのかをご紹介しましょう。

【ビフィズス菌】

ビフィズス菌は、体内にいる善玉菌で、ビタミンBやビタミンKを腸内でとりまとめ、吸収させる働きがあります。そして、腸内を刺激することによって、体に有害な物質を体外へ出す作用もあります。

【LG21】

普通の乳酸菌は、胃酸などで溶けてしまって腸に届くのがほんの少しなのですが、LG21は胃酸に強く、胃の中に住み着くピロリ菌などと戦える菌です。

【ラブレ菌】

すぐきというカブの漬物の中から発見された菌で、生きたまま腸まで届いて、悪玉菌と戦います。がんやエイズを予防できると期待されている乳酸菌です。

乳酸菌でダイエット!【やり方】

乳酸菌でダイエット!【やり方】

乳酸菌でダイエットをする方法は、普段通りの食事のあとに乳酸菌が含まれているヨーグルトを食べるだけです。ただ、食べる時間帯によって、得られる効果が異なります。朝・昼・夜の時間帯別に食べるヨーグルトのメリットをご紹介しましょう。

【朝に食べるメリット】

朝に乳酸菌をとることで、体を活発に動かしてくれるメリットがあります。

朝起きたばかりの腸は、活発に動いていませんが、ヨーグルトを食べることによって、腸が刺激をされるため、便通が良くなるメリットもあります。朝はビタミンCが豊富に含まれているフルーツと一緒にヨーグルトを食べると良いでしょう。

【昼に食べるメリット】

昼に乳酸菌が入っているヨーグルトを食べると、ミネラルの成分を得られるメリットがあります。胃酸が弱まる昼ごはんの後にヨーグルトを食べて、ダイエットをしましょう。

【夜に食べるメリット】

夜はあまり高カロリーのものを食べすぎると、就寝までカロリーを消費する時間が短いためよくありません。ヨーグルトであれば、低カロリーなので、食べても太ることはありません。消化が良く、腸の働きをスムーズにしてくれるため、夜に食べても安心です。

乳酸菌ダイエットの効果UPは週末断食がおすすめ

乳酸菌ダイエットの効果UPは週末断食がおすすめ

朝食や昼食などの後に乳酸菌を得ることで、腸のはたらきを整えてダイエットをするのも良いですが、体重がぐんと落ちるわけではありません。

もしも、体重を減らしたいと思うのであれば、乳酸菌が入っているヨーグルトを使ったプチ断食がおすすめです。プチ断食は、外食が少ない休日を利用して行うのがやりやすいですよ。

【乳酸菌ヨーグルトでプチ断食のやり方】

①金曜日の朝食、昼食は普段通り食べて、夕食から乳酸菌のヨーグルトを100gと野菜ジュース200mlを飲みます。
②土、日は、朝・昼・夜と毎食、乳酸菌のヨーグルトを100gと野菜ジュース200mlを食べて過ごします。この2日間は、1日にお水を2l程度飲みます。
③月曜日の朝食は、おかゆを食べて、昼食から普段通りの食事に戻ります。

乳酸菌の入ったヨーグルトでプチ断食をすることによって、腸の働きをさらに高めることができます。また、プチ断食中は、激しい運動をせずに、規則正しい生活をすることが大切です。

PR