年末年始の食べ過ぎをなかったことにしたーい!食べ過ぎリセット方法は?

年末年始の食べ過ぎをなかったことにしたーい!食べ過ぎリセット方法は?

忘年会、新年会そしてクリスマスなどイベント盛りだくさんの年末年始。そんなときには、どうしても食べ過ぎてしまうことってありますよね。そこで、今回は、そんな食べ過ぎをなかったことに出来る、食べ過ぎリセット方法について調べてみました。あの暴飲暴食をなかったことにしたいあなた、ぜひ必読ですよ!!

食べ過ぎたとき・・・なかったことにはできるの?

食べ過ぎたとき・・・なかったことにはできるの?

飲み会があったとき、どうしても食べてしまう事、あるいは生理中などの過剰な食欲など、人にはどうしても食べ過ぎてしまう機会はありますね。そんなときに、食べ過ぎリセット方法を知っていれば、安心ではありませんか?

人は、いくらそのときに食べ過ぎてしまったからといっても、本当はすぐに太ったりしません。ですから、いかにその食べ過ぎたことに対して、体自体がなかったことにさせるかがポイントです。

今回は、食べ過ぎリセット方法について調べてみました。

なかったことにするためのヒント①とは?

なかったことにするためのヒント①とは?

実は、人が食べ過ぎた瞬間というのは、すぐに体重が増えるわけではありません。もちろん、食べたものがそのまま体重に増加することは当然ですが、体が消化していくうちにその増加した体重が減っていきます。

しかしながら、それが維持されてしまうのには、色々とした理由があるのです。いくら食べ過ぎたからといっても、代謝を上げれば、食べたそのものが体重として増加することではないのです。つまり、食べから代謝を良くさせることをすれば、食べ過ぎはそのままリセットすることができます。

なかったことにするためのヒント②とは?

なかったことにするためのヒント②とは?

いくつかのデータによると、食べ過ぎたものが体重として蓄積されるためには、早い人では半日、通常の人では2,3日かかるということが分かっています。つまり、食べ過ぎたものがそのまま体重として蓄積される間に、蓄積されないことをすれば良いのです。

食べ過ぎたことをなかったことにするためには?

つまり、体重が増えるのには、平均2~3日かかり、その間に代謝を上げること、食べたカロリーを蓄積させないことをすれば良いということが分かりました。次に、その体重を上げないためにすることを考えてみましょう。

水分をたっぷり摂ろう!

食べ過ぎたものを体の外に出すためには、その老廃物を外にスムーズに運搬する水分が必要です。

そして、さらに代謝を促すためにも、血液をサラサラさせるためにも、水分は必要です。食べ過ぎてしまったときには、いつもよりも水分を摂るように心掛けることが必要です。食べ過ぎてから便秘になってしまったなんて、一番悪循環です。

野菜をたっぷり摂ろう

野菜の中でも、カリウムや食物繊維が豊富な野菜をたっぷり取りましょう。水溶性の食物繊維は、食べ過ぎてしまった脂質を体に取り込まずに、老廃物と一緒に流してしまう働きがあります。

本来食べ過ぎてしまっているのに、いつもどおりに食事をするためには、お肉などを少なめに、さらにそれ以上に野菜を摂るように心掛けましょう。そして、新陳代謝を促すために、体をむくませないためにカリウムも一緒に取ることで、水分の摂取も一緒に体の外に流してくれます。

適度な有酸素運動をしよう

単純な話ですね。食べた分、体を動かそう!という発想です。当然ですが、これも効果があります。運動は、直接カロリーを消費しやすい有酸素運動が大切です。

スイミング、ウォーキングなど、無理のない範囲で、ゆっくりと時間をかけて行いましょう。出来れば、体の中が空腹となっているタイミングである朝が、さらに効果的となります。

PR