色素沈着とは?色素沈着になる原因は?予防からケア方法まで

色素沈着とは?色素沈着になる原因は?予防からケア方法まで

色素沈着とは唇のくろずみやアイシャドウのくすみなど、摩擦や紫外線の影響で起こるものです。メイクを落とすと、肌が黒っぽくなっていませんか?色素沈着になってしまう原因や、その予防法からケア方法についてご紹介しましょう。

気になる色素沈着 色素沈着のケア方法を教えて!

口紅やアイシャドウのメイクを落としたときに、肌の色がくすんだり黒ずんだりしていると、とても気になりますよね。色素沈着とは、メイクや紫外線など、肌の刺激によって色素細胞からでたメラニン色素によって起こります。色素沈着になる原因や、予防法、ケア方法についてご紹介しましょう。

色素沈着になる原因は?

色素沈着になる原因は?

色素沈着が起こるのは、肌の表面にある色素細胞のメラノサイトから出されるメラニン色素が原因です。このメラニン色素が過剰に出ることによって、肌の色を変えてしまいます。肌は敏感なので、外部からの刺激を受けたなと感じると、メラニン色素を出して身を守ろうとするのです。

ニキビや傷の後、虫刺されの痕が茶色くなることがありますよね。これも、色素沈着の一種です。ニキビや傷で肌が炎症を起こした状態が続くことで、メラニン色素がつくられ色素沈着となってしまいます。通常であれば、肌が生まれ変わることによって、メラニン色素は皮膚の外に出て段々となくなってしまうのですが、紫外線を浴びたり、肌のターンオーバーが正常に行われないと、色素が沈着してしまいます。

色素沈着になってしまう原因は、服がこすれたり、硬めのタオルを使ったりといった外部の刺激もあります。また、ストレスが過剰にたまっていたり、ホルモンバランスが乱れていたりすると、肌の生まれ変わりが正常に行われず色素沈着となってしまうこともあります。

色素沈着の予防法は?

9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s sun サングラス ストール 帽子 日焼け止めグッズ

色素沈着を起こさないようにするための予防法についてご紹介しましょう。

【紫外線対策】
外に出かけるときには、日焼け止めを塗り、日傘や帽子、アームカバー、ネックカバーなどをつけて、皮膚を守りましょう。紫外線を浴びることによって、できてしまった色素沈着が悪化してしまいます。曇っている日も紫外線はあるので、天気にかかわらず、紫外線対策を怠らないようにすることが大切です。

【スキンスケアをしっかりと】
洗顔をした後のスキンケアをしっかりと行いましょう。化粧水で肌に水分を入れて乳液やクリームで保湿を行います。スキンケアをしっかりとすることで、肌の生まれ変わりが正常に行われ、色素沈着しにくい肌がつくれます。

【ボディタオルの見直し】
毎日体を洗うときに、どのようなタオルを使っていますか?ナイロンタオルやボディブラシのような硬めの素材のもので肌をこすると、色素沈着を起こしてしまいます。ボディタオルは、やわらかめのものを使うようにしましょう。

【生活習慣の見直し】
肌の生まれ変わりを正常にするには、規則正しい生活が大切です。睡眠不足になっていませんか?偏食やダイエットで栄養素が偏ることも避けましょう。

色素沈着のケア方法は?

 

色素沈着のケア方法は?一度できてしまった色素沈着を、悪化させないためのケア方法についてご紹介しましょう。

【スキンケアではこすらない】
化粧水や乳液、クリームを塗るときに、肌をこすっていないでしょうか。肌の摩擦をすることは避けることが大切です。皮膚の薄い顔のケアをするときには、こすらず手のひらでじんわりと浸透させるようにケアしましょう。

【肌を乾燥させない】
肌が乾燥してしまうと、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。保湿はたっぷりとすることが大切です。乳液やクリームなどでフェイスケアをするときは、少し多めにしましょう。

【トラネキサム酸をとる】
トラネキサム酸は、メラニン色素を作り出すメラノサイトを抑制する効果があります。市販されているものでは、6,000円程度です。病院の皮膚科で処方してもらうこともできますが、病気と判断されない場合は保険が適応されないので、価格としては同じくらいになるでしょう。

PR