高カカオチョコレートを超えた!?キャロブの美容効果とは

高カカオチョコレートを超えた!?キャロブの美容効果とは

チョコレートやココアは好きですか。美容のためにチョコレートを摂っている方は味も見た目もチョコレートそっくりなキャロブに乗り換えてみませんか。キャロブは低カロリーで低糖質でノンカフェイン。しかもキャロブの美容効果は高カカオチョコレートを超えているんです。

見た目も味もチョコレート!?キャロブ

美容に気を使っているはずのモデルや、カフェインや脂肪を避けたいはずの流行に敏感な高感度マタニティがチョコレートのスイーツをぱくぱく。えっ!?いいの!?

実はこれ、チョコレートではなく、キャロブという食べ物なのです。一口貰って食べてみても、味も食感もチョコレートみたい。チョコレートよりちょっとコクがなくて独特のくせがありますが、チョコレートの代用品として問題なく使えそうな味です。

どうして人気なの?

まるでチョコレートみたいなキャロブはどうして人気があるのでしょうか。キャロブはチョコレートよりダイエット向きで、チョコレートより美容効果が高いんです。キャロブの美容効果を探ってみました。

キャロブって何?

キャロブって何?

チョコレートの原料となるカカオマスもカカオの実から作られますが、キャロブもイナゴマメの実から作られます。イナゴマメは古代エジプトからの由緒ある食べ物で、甘味料です。

低カロリー

ココアみたいに使えるキャロブパウダー、100gあたりのカロリーは369kcalです。ちょっと待って!低カロリーじゃないじゃん。ピュアココアパウダーは100gあたり271kcalなのに。

実は、キャロブは古代で砂糖の原料となっていたくらい、それ自体がとても甘いので、砂糖を加える必要がないのです。しかも、キャロブの甘みは大変強いのですが、実は糖質は少なめ。ダイエット中にチョコレート菓子が食べたくなったらキャロブがお勧めです。

ノンカフェイン

キャロブはノンカフェインです。カフェインの摂りすぎは美容にも健康にも良くなく、依存性もあります。ノンカフェインのキャロブは美容に気を使う人だけでなく、妊婦さんや子供にも良い食べ物です。

ピニトール

ピニトール

ピニトールはマメに含まれる栄養成分で、サプリとしてもとても注目されています。一つは血糖値を下げる効果です。糖尿病の予防や、ダイエットに効果があるのではないかといわれています。

もう一つは不妊症の原因のひとつ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善効果です。アメリカで研究が進んでおり臨床試験も行なわれています。キャロブは妊活にも使えそうです。肝機能の改善にも役立ちます。

鉄分豊富

キャロブは多くの鉄分を含んでいます。鉄分というと貧血の改善という印象が強いのですが、実は、鉄分が不足するとまず肌が荒れます。肌細胞が酸欠となって枯れていき、ターンオーバーも遅くなるのです。

ポリフェノールも摂れる

美容のためにチョコレートやココアを摂っている人は、カカオの中のアンチエイジング物質、ポリフェノールに期待しているのではないでしょうか。それなら、チョコをキャロブに変えても大丈夫です。キャロブにもやはり、ポリフェノールが含まれています。キャロブで老化を防ぎ、ピカピカ肌を目指しましょう。

どうやって食べるのがお勧め?

どうやって食べるのがお勧め?

キャロブはチョコクリームみたいなシロップ状、チョコレートみたいなチップ状、ココアパウダーみたいなパウダー状で食材として売られています。チップをそのままおやつとして食べるのも良いですし、パウダーをココアパウダー代わりに飲み物やお菓子作りに使うのもお勧めです。

PR