眉毛で美人か不美人かが決まります。流行に左右されない自眉の育て方とは?

眉毛で美人か不美人かが決まります。流行に左右されない自眉の育て方とは?

自眉の育て方は、眉毛が生えてくるまでしばらく放置しておきましょう。これまで眉毛を細くするために毛抜きで抜いたり、剃り続けていた方は、その部分だけ眉毛が生えにくくなってきています。そのままにしておくと毛が再び生えてきます。アイブロウなどで眉メイクをした日はしっかりクレンジングで落としておきましょう。

美人度アップの自眉の育て方

時代に合わせて眉を剃ったり抜いていたりすると

時代に合わせて眉を剃ったり抜いていたりすると

ファッションのトレンドが変化するのと同じように、メイクのトレンドも同じように変化していきます。こうしたトレンドに合わせて、眉の形を色々変えている方もいるのではないでしょうか。

細眉が流行った時代に眉毛を抜いたり、剃り続けていると、その部分だけ眉毛が生えてこなくなってしまうこともあります。そのため太眉が流行ったときには、困ってしまうこともあるのではないでしょうか。

眉毛をいじるのはしばらくやめましょう

眉毛をいじるのはしばらくやめましょう

自眉の育て方は、眉毛を抜いたり、剃ったりすることをしばらくやめることです。一昔前に流行った細眉も、今はもう古くなってしまいました。今はナチュラルな眉が流行っている時代です。

そこで、ナチュラル眉になるためには、しばらく眉毛をいじるのはやめましょう。眉毛もずっと抜き続けていると、その部分だけ生えにくくなってきています。しばらく何もせずにそのままでいると、停止していた毛母細胞ももう一度活発化され、再び毛が生えてきます。

眉毛もお手入れが必要だったの?

えっ?眉毛もブラッシングするの?

えっ?眉毛もブラッシングするの?

美しい自眉の育て方は眉毛もお手入れが必要なのです。

髪にブラッシングが必要なように、眉毛にもブラッシングが必要なのです。眉毛も清潔にしておかないと、フケが出たり、毛の間にニキビが出来てしまうこともありますので、洗顔をするときは、眉毛部分もやさしく泡でマッサージするようにしましょう。

眉毛ブラッシングの利点とは

何でブラッシングすればいいの?

眉コームでやさしくとかしつけましょう。何度もやる必要はなく、数回程度で構いません。

血行がよくなります

眉ブラッシングをすると、毛の部分の血行がよくなるため、早く眉毛が生えてきやすくなります。指の腹で軽く押さえるようにして円を描くようにマッサージしてもよいでしょう。

肌の状態を良好に保ちましょう

肌の状態を良好に保ちましょう

眉毛が生えるためには、良好な土台が必要です。眉毛のある肌の部分がガサガサで乾燥している状態だと、眉毛が生えてきません。そこで、化粧水でしっかりと保湿してあげるとよいでしょう。

市販の眉毛専用美容液を利用してみても

市販の眉毛専用美容液を利用してみても

眉毛専用の美容液がバラエティショップやドラッグストアなどに売られていますので、こうしたグッズを活用してもいいでしょう。手に入らない場合はまつ毛の育毛剤でも効果があります。

眉メイクをした日はきちんと落としましょう

眉メイクをした日はきちんと落としましょう

美しい自眉を育てるためには、眉メイクをした日は、帰宅後に丁寧にクレンジングでメイク汚れを落としておきましょう。顔の部分は、丁寧にクレンジングを行うのにも関わらず、ついつい眉の部分はサッと石鹸をつけて簡単に洗うだけで済ませてしまうことも多いのではないでしょうか。

毎日、きちんと眉の汚れを落とさないでいると、皮膚の状態が悪くなり、毛詰まりを起してしまう可能性もあります。眉メイクは毎日綺麗に落とす習慣をつけることも大切でしょう。

これからは流行に合わせて簡単に抜かない

眉の形はメイクで修正可能ですが、やはりアイブロウで描いた眉よりも、本当の自毛の方が、メイクが生えます。これからは流行に合わせて眉毛を抜くのではなく、自分の自然の眉を活かしたメイクをするのが一番でしょう。

PR