やってはいけない!肌を甘やかすNG習慣とは

やってはいけない!肌を甘やかすNG習慣とは

肌を甘やかすケアは賛否両論です。乾燥肌や敏感肌の場合は先回りしたケアが必要となり、それは良い肌の甘やかし方です。しかし、これだけはやっては駄目な肌の甘やかし方もあります。美容マニアだからこそ陥りがちな肌を甘やかす二大NG習慣と、その理由をお伝えします。

やっていい肌の甘やかし

「若いうちから肌を甘やかすとよくない。」
とよく言われますが、「肌を甘やかす」ということに関しては賛否両論です。

肌を甘やかさないというのを言い訳に、お手入れをさぼっていたり適切な保湿をしないと肌はあっという間に乾燥します。そして、肌は1回乾燥させると3ヶ月老けるといわれてます。

特に、乾燥肌、敏感肌の場合は、保湿は乾燥する前に先回りしてケアしなくてはいけません。肌は乾かしてはならないのです。
それではやってはいけない肌の甘やかしとは何でしょうか。

スペシャルケアを毎日行なう

スペシャルケアを毎日行なう

最もやってはならない肌を甘やかす行為は、スペシャルケアを毎日行なうことです。完ぺき主義者で美意識の高い女性が陥りがちなのが「お手入れのしすぎ症候群」です。

ケアのし過ぎで肌本来のバリア機能が失われ、かえって乾燥肌やトラブル肌を招いてしまうことで、最終的には角質層が極端に薄く肌のきめのなくなった「ビニール肌」になってしまいます。

一度ビニール肌になってしまうと回復までにはかなりの時間と努力が必要となります。

お手入れのしすぎ症候群を防ぐには…?

お手入れのしすぎ症候群を警戒するあまり、お手入れのしすぎと肌断食を繰り返している女性も多いのですが、これもおすすめできません。

ダイエットで言うと、絶食とドカ食いを繰り返しているようなもの。刺激やストレスに弱い肌を自分で痛めつけているようなものです。

お手入れのしすぎ症候群を防ぐには、お手入れのしすぎを改めましょう。特にやってはいけないのは、「1週間に1度」とか「2週間に1度」などと使用頻度の目安が書かれているスペシャルケアをそれ以上行なうことです。

こういったスペシャルケアには角質クリア成分や、美白成分などの強い成分が入っています。確かに、時々使うと肌の調子がよくなるのですが、頻繁に使うとかえって肌に負担をかけ、肌本来のバリア機能を奪ってしまうのです。

お手入れのしすぎ症候群を防ぐには…?

情強!医薬品の乱用

情報強者のコスメマニアに多い肌の甘やかしに、医薬品の濫用があげられます。

乾燥や痒み、ニキビなどの肌トラブルで皮膚科を受診すると、化粧品とは比べ物にならないくらい、すぐに、確実に肌トラブルを改善する医薬品が処方されます。

しかも化粧品より安い。一度知ってしまうとトラブルが治った後でも普段のお手入れに使いたくなります。市販薬でも乾燥肌やシミ、にきびなどに効く医薬品があります。

代表的なのが保湿や血行促進に使うヒルドイドローション、にきびの治療に使うディフェリンゲル、シミを消すハイドロキノンなどです。

実はこれ、肌を甘やかす行為としては一番危険性の高い選択肢なのです。

情強!医薬品の乱用

医薬品の乱用はなんで駄目なの?

医薬品は化粧品と異なり、治療を目的とした製品で、当然効果も高くなります。

飲み薬でも健康なときにまで常用している人は少なくないのですが、薬の乱用は危険です。

ひとつは副作用の問題です。たとえば自称コスメマニアがよく濫用しているヒルドイドローションですが、皮膚の薄い顔に常用すると、血行促進効果で赤みが増す恐れがあります。

もうひとつは依存のおそれです。病気でもないのに医薬品を常用することは文字通り肌を甘やかすことになり、肌本来の回復機能を阻害します。

PR